手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

漁れば出てくる

このところ、お休みの日は引きこもっています。
今日もモヤモヤしたことがあったので確認しに出かけようかと思いましたが、朝からけっこうな雨が降っていたのと、昨日の朝からお腹と腰が酷く痛かったので、明日まとめて片づけることにしました。体調のほうは今は落ち着いています。


モヤモヤといえば、もう何年も片づけ続けていますが、まだ家の中はモヤモヤしています。今朝も少しだけムスコの部屋を片づけたら、けっこうな量の移動するものと処分するものが出てきました。本来ならば子どもたちが自分で片づけるべきかとは思いますが、今の子どもたちにはまとめて片づける時間がありません。子どもたちは忙しいので、むしろまとめて片づけるのではなく、日頃からサッと片づけられるようにしてやるほうが優先かもしれません。


ムスコのお裁縫箱を見たら、小学校のときの課題が入ったままでした。思い返してみると、ワタシのお裁縫箱もそうでした。今はいただきものの和菓子の紙箱に最小限の道具が入っており、使うときは蓋をゴミ箱にして、片づけるときにサッと捨てます。さっき出た大量の移動したり処分したりするものも、テーブルの上に集めて分別して片づければあっという間に終了です。気の向くままにやっているので片づけた先でまた何かを整理し始めることもありますから、実際にはあっという間ではないのだけれど最後に片づいていればいいと思っています。

ムスコの部屋が、また少しスッキリしました。DSとか、クローゼットのオモチャボックスに片づけちゃいましたよ。だって、受験生には目の毒だもんね。知らぬ間に増えていた身だしなみケア用品は、身支度をするクローゼットに移動しました。

本当にそれが必要なのかは、使ってみないとわからないものです。子どもなんて、そのときは必要でも成長とともにいらなくなるものもたくさんあります。成長とともに必要になるものもあります。大人になっても成長し続けます。だから、片づけは終わりがないのです。

ちなみにDSをしまってから数日経ちますが、ムスコから何も言われていません。写真に写っている黄緑のウォールポケットを撤去したことには気づいたみたいですが、ウォールポケットは思い出箱に入れてあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村