手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

君がいた夏は遠い夢の中

ムスメが突然浴衣が着たいと言い出したので、実家の母にワタシの若いころの浴衣があるか確認しました。母のお手製の浴衣です。

いつ作ってもらったんだっけ?と記憶を遡りましたが、和裁の先生だった祖母が亡くなったあとだとすれば20歳過ぎですね。それまで作ってもらった浴衣はみんな祖母のお手製だったので、祖母が亡くなってから作ってもらったのでしょう。浴衣地で気に入ったのが見つからず、普通の綿の生地でミシンで縫ってもらいました。青地にひまわりの柄の浴衣です。


ワタシが着たのはたぶん数回、片手に余るほど。今も毎年子どもたちと行っている駅前のお祭りに母と着ていきました。ワタシのものは浴衣だけで、帯も下駄も母からの借りものだったので、いつか自分で揃えようと思いながら嫁にゆき、子どもが生まれ、もう自分が着ることはないかなと忘れかけていたところにムスメのおねだり。母から「世代交代だ〜」と返信がありました。ほんとにね。

というか、ワタシたちが中学生のころは浴衣なんて着たがらなかった気がします。今どきの子は、ファッションとして喜んで着ますよね。ムスメも去年あたりは「浴衣なんて嫌だ」と恥ずかしがっていましたが、今年は女の子の友達と約束をしているので浴衣が着たいそうです。そういえば、去年まではサッカーの仲間たちとお祭りに行ってたもんな。男子たちだって、ムスメが浴衣着てたら新鮮でちょっと喜んでくれただろうに。まぁ、お祭りに行けば当時の仲間たちとも会うことになるでしょう。今も仲良くやっているみたいだし。

惚れ直しちゃうかもよ?

なんて、薄い期待をしながら、浴衣に合わせて作り帯と下駄を注文しました。当時のハハのイメージで選んだ青い浴衣だけど、きっとムスメにも似合いそう。図らずも、ムスメのイメージカラーは青なのです。しかもひまわりも、明るいムスメのイメージにぴったり。帯はピンクや赤ではなく、山吹色にしました。下駄の鼻緒も和柄の花柄よりモダンな七宝柄で今風に。あとは髪飾りでも作ろうかな。黄色いお花がいいなぁ。
こういうとき、女の子は楽しいなぁと思います。自分はぜんぜん女の子らしい女の子じゃなかったし、ムスメも最近少し女の子らしさが戻ってきたとはいえ、8割がた男の子だったのが7割になったぐらいで今も男の子の友達と女の子の友達が半々ぐらいみたいだけど、ようやく制服のスカートにも違和感を感じなくなりました。お祭りの浴衣姿で、男友達の2・3人くらいはドキッとさせたい母心でございます。


当のムスメはというと……もちろんファッションには興味があるのですが、それよりも友達と一緒に浴衣を着るのが楽しみなようす。とくに、「Sの浴衣姿とか絶対に可愛いよね〜見たいわ〜」というオッサンじみた発言が、ハハの血を色濃く感じます。同じ動機で、来年の職場体験は巫女姿になれる近くの神社を狙ってるそうです。やっぱり「Sの巫女姿、絶対可愛いと思うわ〜」と言っています。オヤジか。ムスコのときはなぜか全員男子だったけどね。ガッカリだよ。

夏祭り

夏祭り

  • ジッタリン・ジン
  • J-Pop
  • ¥150

ワタシたちの世代はこっち。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村