手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

まだまだまだやれるよ

2日連続の保護者会という過酷なミッションをなんとかクリアしました。

いや、保護者会自体は別に過酷でもなんでもない。しいて言えば、冷房効き過ぎじゃね?ってくらい教室が涼しくて、こりゃ体調も崩すだろうよと感じたこと。いつもちょっと気温高めな店内で汗だくになって走り回っているハハの身体は、慣れない冷房と走らなくていい時間にすっかり冷え切りましたわ。


塾でムスコの模擬試験を申し込んだら、ギリギリになって「実はあれは隣の県限定なんです」と言われました。もっと早く言ってよー。そこですぐに個人で模擬試験を申し込めば良かったのですが、のんびりしていたら締切を過ぎていました。いや、むしろあの時点ならまだ申し込めることを知らなかった。でも、ちょっと悔しい。すぐに動けば申し込めたのに、のんびりして後回しにしていた自分に凹んでいます。子どもたちのことを言えないなぁ、まだまだだなぁと思った次第です。


久しぶりに友達ママと話していて、そのママの意識の高さに感心しました。ワタシなんてまだまだだわ、と凹みました。自分に言い訳をしなくなっただけ成長したような気もしますが、今からでも子どもたちや自分のためにできることはあるんじゃないかと思っています。食育のこともそうだけど、生活リズムが最近乱れがちだったり、仕事内容も増えて今は中途半端だったり、自分自身も反省と改善をしながらレベルアップしていかなくちゃと感じるのです。トップアスリートは普段の生活や考え方から違うと言うけれど、それは家庭でもそうなんじゃないかな。子どもたちも成長に伴って変わってはきているけれど、子どもたちのやれることを増やしてゆくには、支える親ができることも増やしていかなければならないと痛感したのでした。昔と比べたら、だいぶできることも増えたんですけどね。まだ、普通のお母さんくらいですね、たぶん。

まぁ、親子ともにまだまだ伸びしろがあるってことで。


今週のおトイレ新聞のテーマは「補食」です。
ちなみに、前出の友達ママはチームの方針もあり、練習のときは毎回おにぎりを持たせるそうです。うちのムスコのチームは、コーチ・選手ともども意識低いから、マック御用達だよね。

Best Friend

Best Friend


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村