手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

アンタ あの娘の何なのさ!

食育の講習会に参加してきました。
ムスメのチームで開催された講習会で、ワタシは以前も小学生時代のチームで開催された講習会に参加したことがあったのですが、もう15年も毎年講習をやってくださる先生とのことで、女子中学生アスリートとその家庭の事情も踏まえた上でのお話がとても参考になりました。夜の練習が終わってから、バスと電車で帰宅したあとの夕飯とかリアル過ぎて、「いや、そんなの無理だって〜」と思いながらも、「でもチャレンジだけはしてみようかしら」と思わせる内容でした。


ちょうど講習の翌日が買い出しだったので、講習の内容を思い出しながらお買いもの。わが家のムスメは初潮も無事にやってきまして貧血の心配はまだなさそうですが、ワタシが毎年健康診断で引っかかる軽度の貧血です。でも、女子アスリートはとにかく食べる量が少ないらしく、確かにムスコと比べるとごはんも1/3ぐらいしか食べません。それから、もうちょっとタンパク質量を増やさなきゃなりません。肉だわ、肉。ケチってかさ増ししてる場合じゃないわ。
役員の仕事も送り迎えもいらない今、親のワタシたちができるのは、必要なお金を稼ぐこととごはんを食べさせることと帰る場所を整えることと、親バカであり続けることぐらいですからね。


実は、ちょうどワタシもグルテン摂取量を減らしてみようと思っていたので、
・小麦粉製品より米
・揚げものNG 肉や魚は煮るか焼け
・卵はいくら食べてもOK
には納得していて、さらに、
・消化に悪いから生野菜NG
も裏を返せばこれからの季節はお弁当に最適。
・補食には柑橘系の果物ジュース、油の少ないパン、腐らない魚肉ソーセージ
もお手頃価格でありがたかった。
ただ、うちの子たちはエネルギーゼリーの類が嫌いなので、試合の合間が短いときは無理にエネルギー補給しないでガマンしてもらおうかな。スポドリとオレンジジュース飲んどけ。
・味噌汁に油揚げ投入禁止
も聞いたときは絶望感漂ったけど、お友達ママに「細切り高野豆腐がいいよー」と教えていただいたし、新しいアナログスケジュールボードを目の前に、なんだかやる気がみなぎってこないでもないのでした。


今月残り1週間と来月(夏休み前)の予定もギッシリみっしり。週末の試合や練習の予定は直前まで確定しないし、ワタシのバイトのシフトも前の週に確定するので白紙状態。チチの予定は歯医者のみ笑


あと取り入れようと思っているのは、友達ママからご伝授いただいた「トイレの貼紙」
そちらもムスコさんたちのトイレが長いらしく、トイレにお母さんからのメッセージを貼ってみたら効果があったそうで。それも、注意やお小言というよりはユーモアを交えたメッセージらしく、口で言うより聞いてくれるそうです。そちらのムスコさんたちは小さいころから優秀ないい子たちなのだけど、反抗期のムスコも彼らと同じだと思えば素直に読むかもしれません。「君たちの臭い靴下を拾った手で、お母さんはごはんを作ります」がかなりツボでした。さぁ、わが家は何を書こうかな。


誰かの文句ばっかりを言っているのは、自分に言い訳をしているからだ。相手のいいところを見て、そこを評価しろ。できないと言い訳する前に、まずやれ。誰かがやらなくちゃならないことをやることを嫌がるな。やらない人を責めるな。ムスメに言った言葉ですが、全部自分に言いたい言葉です。

半端ない大迫選手は、高校時代からお菓子も炭酸飲料も摂らないらしいですよ。やっぱりトップアスリートは違うなと言ったら、「俺もだ」とムスコが言ったけど、アンタ炭酸飲めないだけじゃないのさ。
それよりも君は、朝起きてごはんを食べなさい。

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

  • DOWN TOWN BOOGIE WOOGIE BAND
  • ロック
  • ¥250


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村