手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

会話ってのは難しい

うーんと、上手く伝わらないなぁ!ってことってよくありますよね。子どもへのお説教とか、右から左だし。上手い言葉が見つからないとか、単語が出てこないこともしょっちゅうです。

小さな子が話してることの意味がよくわからなかったり、イントネーションが違ってて聞き取れなかったり、テキトーに相槌うって誤魔化してしまうこともあります。先日も、犬の散歩中の見知らぬおばちゃんと話していまして、おばちゃんの「芋掘り」という言葉の意味がわからないと思いつつ相槌うってたけど、たぶん「イモリ」と言っていたんですよね。でも、畑に出るのは「ヤモリ」だと思うんですよ。もうその辺りで会話は通じないんですよね。正直、別にわかんなくてもいいような会話だからいいんですが。

でも、今日は伝わらないと困る場面で相手の話している内容が汲み取れず、とても困りました。反芻してみてもワタシは悪くないと思うんですが、相手にしてみれば「なんで伝わらないのよぉ!」という感じで、「だから、さっきから言ってるじゃないですか!」とそれまで言ってなかったようなことを言いだされましたが、そこは大人なので「聞いてませんけど?」とは返しませんでした。相手の方も、自分の言いたいことが通じなくて困っていたのでしょう。


ワタシは、誰かに大切なことを伝えようと思うとき、その前にセリフを考えておきます。でないと、支離滅裂になってしまうからです。なんなら、会話までシミュレーションします。大概その通りには展開しませんが、伝えたいことを整理しておくだけでも違うと思います。

だから逆に、その場でとっさに伝えたりすることは苦手です。いきなり「何か質問はありますか?」と聞かれても思いつかないタイプです。あとから思いついたりもしますが、すでに聞くタイミングを逃しています。嫌味とかも気づくのが遅いので、しばらく経ってから「あれって嫌味だったのか〜」と気づいてムカムカすることもあります。あとで気づいても、もう時効です。
会話中も、頭の中で自分の言いたいことを整理してまとめていたりするので、タイミングが遅れたり会話が成り立っていなかったりします。

会話だけじゃなく動作でもそうなんですが、ワタシはどちらかというとのんびりしてるほうなので、相手に合わせようとすると慌ててしまいます。でも、マイペースにもなりきれず、気づけば振り回されたり空回りしてクタクタになってしまうのです。そういうのが嫌で、もっとマイペースでありたいと思うけれど、なかなか難しい。今回も、ワタシが慌てずに相手の方の言いたいことを汲み取れれば、お互いに困ることもなかったのかもしれません。なんてね、相手の方はこちらの話なんて聞いてくれてませんでしたけどね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村