手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

自宅床屋さんセット

いつのころからか、家族の髪は毎回ワタシがカットしています。ムスメのおかっぱから、チチのソフトモヒカン、思春期のムスコの髪型が1番難しく、今回も意図せず韓流スターのようになりました。

使う道具はバリカンとハサミ、それから鏡。あとは、プラスチックのカチューシャと髪をブロッキングするヘアクリップがあると便利です。櫛はムスメのものを借ります。

いつもはお風呂場でカットしますが、さすがに寒いので今回はエアコンの効いた部屋でカットすることにしました。ウッドカーペットの上に新聞紙を敷いて、その上に折り畳み式の脚立を椅子として置きます。そこにおパンツ一丁のお客さまがやってきます。本日のご予約はお2人です。1人目のムスコはバリカンで襟足や耳周りをカットしてから、サイドと後ろをグラデーションにしてトップと前髪を長めに残しました。いつもなら無駄に時間がかかってイライラしていましたが、今回は早かったのでお互いに気持ちよく終わりました。2人目のチチは手慣れたもの。バリカンの刃の長さを調整しながらバリバリ刈ってゆきます。最後は襟足や生え際の刈り損ねた産毛や、長い毛をハサミでカットして終了。やっぱり狭くて寒いお風呂場よりも、暖かい部屋のほうが早く終わるしお互いに平和です。ただ難点は、お風呂場なら道具以外の片づけはお客さまにお願いしますが、部屋の場合はワタシが全部片づけなければなりません。今回は、そろそろ買い替えようと思っていたフットカバーを1足ダメにしました。


そんなわが家の必需品、自宅床屋さんセットは洗面台の下の収納にあります。先ほどまで壊れかけのドライヤーも一緒に入っていましたが、ムスメに頼まれて買い替えたところ寝癖大王のムスコが「温かい!」とまるで初めて体験したかのように大喜びしていたため、新しいドライヤーは使いやすいようにタオル掛けにかけておくことにしました。ゼヒ、毎朝のとんでもない頭を直していただきたいものです。

先日、掃除したくない一心で洗面台と洗濯機の間の引き出しを撤去しました。その引き出しに入っていたタオル類と一緒に、自宅床屋さんセットも洗面台の下に移動しました。なんだかちょっとギュウギュウになりましたが、なんとか収まって満足です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村