手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

スペースを明け渡す

台所の吊り戸棚3箇所のうち、1番広い場所をチチに明け渡して数ヶ月。すでにカオス化していたので、残りの2箇所をやりくりして、チチが主に使っている調理家電を移動した。ワタシが使う調理家電はオーブンレンジとトースターくらいのもので、他のものはチチがスイーツ作りにハマってからはほとんど触らなくなっていた。


北側の部屋をムスコの部屋(仮)にしたときにムスコの引き出しとワタシの引き出しを交換したため、ワタシの衣類引き出しが無駄に3段に増えていた。こないだリュックを買い替えてバッグがさらに減り、引き出し1段が空になってしまっていたので、そこにムスメの中学用のストックや処分待ちの本や服を入れておくことにした。


そういえば、クローゼットはすでにワタシの服は喪服しかかかっていなくて、ワイシャツやネクタイなどの小物を入れた袋にも黒ストッキングとコサージュがひとつずつ入っているだけだから、コサージュの巾着にまとめて喪服のハンガーにかけておくだけでいいような気がする。


今日は玄関とお風呂場を掃除した。風呂釜と桶なんかのこものを漂白剤漬けにして、その間に玄関の棚を冬仕様にする。冬仕様というのは、タオルや麦藁帽子が入っているカゴを防寒具を入れるようにしたり、子どもたちのベンチコートやチチの仕事用の上着が掛けられるようにするだけ。入れ替えるだけのことでも本人たちは自分でやらず、麦藁帽子の上にニット帽が詰め込まれ麦藁帽子が潰れていた。


さて、あとは何をしようか。
居間の大掃除もしたいし、ムスコの部屋(仮)の天袋も整理したい。
年賀状とお歳暮の手配もしなきゃならないけど、これはやる気が出る気配がないからまた後日。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村