手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

家族で遊ぶ

来年には中学生2人になるわが家の子どもたち。すでに中学生のムスコは、母さんと一緒にいるところを見られることを酷く嫌がるお年頃。自分には「お父さんと歩くのがイヤ」とか「お父さんの洗濯ものと一緒に洗わないで」とかいう感覚がなかったから、かなり傷心気味のハハである。

ムスメはまだワタシと遊んでくれるけど、程のいいお財布みたいなもの。ワガママばかりであまりワタシの用事には付き合ってくれない。こないだも学芸会の代休にムスメと高尾山に登ったのだけど、終始ムスメのペースで休憩はほとんどなし。帰りにムスメの買いものをしたかったのに、それもひとつくらいしか付き合ってくれなかった。

そんなわが家がみんなで始めたものがある。
それは、「ポケ森」
どうぶつの森スマホゲームである。
どうぶつの森はワタシが以前ソフトを持っていて子どもたちと一緒にやっていたんだけど、飽きたり時間がなかったりしている間にムスメに村ごと乗っ取られた。以来、ゲームはほとんどやらなかったのだけど、今年の暮れ正月はムスコが遠征で遠出もできなそうだし、ハハも大晦日と元旦以外はシフトを入れてしまった。毎年同様、暮れ正月は実家と家でだらだらと過ごすだけ。なら、みんなで遊べることがあってもいいのかなーとワタシもダウンロードしてみた。共通の話題にもなるしね。もちろん、家族はワタシより先にダウンロードしている。

今のところ、ゲーム好きのチチが先行していて、ムスメとハハがどんぐりの背比べ、他のゲームやサッカーに忙しいムスコが出遅れている。ムスコは早々に撤退しそうな気もするけど、しばらくは楽しめそうだ。
ただ、意外と時間を食うのが難点だよね。ゲームは時間の無駄だとわかってはいるけれど、今はバイトも大忙しで何かやる気力もないから、せめてもの気晴らしにかわいいキャラクターと交流を深めて、家族と情報を共有している。もちろん、ワタシは外ではやらない。家の外ではリアル交流でお腹いっぱいだわ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村