手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

何を着ますか?

他のみなさまの秋服コーデの記事が増えてきた。目に楽しい限り。ワタシはといえば、秋服は夏の盛りに着倒して、そろそろ冬服の季節である。常に最小限とはいえ、買い足す服はなるべく少なくしたいのが本音。

ワタシが着たい服の条件は、
・洗濯機で洗濯ができるもの
・ノーアイロンで着られるもの
・違う組み合わせになってしまっても、大きな違和感がないもの
・動きやすいもの
・もちろん、自分に似合うもの
である。着回し最強コーデ!とかでなくても、洗濯のローテーションや気候に合わせたり、気分を変えたいときにも着回しができたらいいなと思うし、冒険する年齢でもないから、定番ができたら楽ちんでいいなぁと思っている。

読者の方の中には薄々気づいていらっしゃる方もいるんじゃないかと思うけど、ワタシは某大手アパレル量販店で働いているので、基本その店の服で過ごしている。上着や靴や小物は別の店のものでも大丈夫だけど、男性スタッフはベルトも自店にあるものを身につける規則らしい。


そんなわけで、仕事中も「なんかいいものないかなぁー」と物色しているのだけど、センスがいいわけでもなく、何を着ても可愛い歳でもなく、長年生きてきたから好き嫌いだけはある40代のおばちゃんである。だから、あれだけ商品があっても「コレだ!」というものは最低限あればいいほうで、可愛いけど似合わない、あの人が着るとステキだけど、ワタシのキャラじゃない、とか考えてしまって意外と買えない。
若いころから流行真っ只中に身を置いたことはなく、好きなテイストはあまり変わらない中でささやかに周囲の流行りに乗ったりしている感じだった。その好きなテイストも、さすがに歳を重ねるごとに少しずつ変わってはいるが、シンプルでカジュアルなものが好きなことは変わらず、その範囲で若いころはパンクな方向に向かってみたり、ママになってナチュラル路線に寄ってみたり、子どもに合わせてスポーティ方向に寄せてみたりをフラフラと繰り返している。最終的な目標は「パラスパレスのワンピースとかをステキに着こなす、ちょっとおしゃれなおばさまになりたい」と思っているのだけど、金額的にもライフスタイル的にもまだまだその域に到達する気配がない。


さて、40代のおばちゃんとなったワタシだけど、40代だからと妙に落ち着いたり諦めたりするような服装はしたくない。今どきの40代の奥さま方はみなさんおしゃれでステキだ。うちの店のお客さまは年齢層が高めなので、40代なんてまだまだお姉さん。大学生と張り合う気はないけど、老け込む環境でもない。なにしろ歩くマネキンの職場なので、周りのお姉さま方もいつもステキにしていらっしゃる。勝てる気はしないながらも、落ちこぼれてもいられない。勝てないながら生きながらえるには、自分のテイストを見極めるのがベストではないか? みなさんそれぞれ自分のテイストがあって、次々出る商品の中からそのテイストに則ってアイテムを見極めステキに着こなしていらっしゃるような気がする。

では、ワタシのテイストって何だ?

それがわからなくて右往左往してきたのだけど、ちょっと前にファッションテイスト診断というのを自分でやってみて、ニュアンスボーイというテイストを見つけた。骨格診断がしっくりこなかったワタシには、コレだ!と思える内容だった。残念ながら、骨格診断と違ってコーディネートの見本がほとんどないのだけど、キーワードの中から自分が好きなアイテムを試してみることにした。ボーイッシュって、おばさんがやったらおじさんにならないか?という迷いも少々感じながら。


明日着る予定のおじコーデは、おニューのケーブルセーターにアンクルパンツ。
おニューって死語だけど好きだわw



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村