手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

0円レジャー

午前中は、ムスメの小学校のこどもまつりに行ってきた。
ムスメはお化け屋敷の案内係。ムスメの当番のときに間に合うように出かけたのだけど、昇降口で友達と立ち話している間にムスメの当番の時間は終わってしまった。それでも、ムスメたちとお化け屋敷に入れたのはよかったかな。

今年がワタシにとっても小学校最後のこどもまつり。ムスメたちに置いていかれてしまったので、1人でぷらぷらと見て回った。

あんまり人が入っていない教室を狙って入ってゆく。ペットボトルのボーリングとか、簡単な工作とか、ストラックアウトとか、子どもたちに教えてもらいながらやるのがこどもまつりの醍醐味だと思う。

ぶんぶんごまとハンドスピナーを作った。

最後はスタンプラリーで、校内をふらふら回って遭遇したママと挨拶したり立ち話をしたりしながら、スタンプを持った知ってるような知らないような子を捕まえてクイズに答えてスタンプを捺してもらう。知らない子に遊んでもらうのは楽しいけど、こういう機会でもないと不審者になってしまう。幸いワタシは顔が広いムスメのおかげで玄関の前でトカゲを見せてもらったり、販売接客のついでに小さなお客さまに手を振ったりできるけど、そういうことも難しくなったらさぞかし寂しいだろうなと思う。今日も、昇降口で靴を履かないと意思表示しているお嬢さんがいたので、靴履き競争を挑んで敗北してきた。この場合、負けるが勝ちなのだけど。


午後はムスメのサッカーの練習が中止になったので、お昼を食べてからムスメを連れて近くの美術館へ。0円の趣味を持とうと思い立って調べたら、企画展の初日は無料だと知ったのだ。ついでに、ちょうど美術館の前でイベントもやっていた。

味のある手作り作品の出店を冷やかしながらゆくと、参加無料のイベントを発見。学生さんたちに案内してもらって双六やスタンプで遊ぶ。なんだか、こどもまつりの延長みたい。双六で通った道をスタンプするのも面白かったし、クイズに答えたら捺せる手作りの動物スタンプも可愛かった。
今度はおじいちゃんおばあちゃんに案内してもらって、木版画体験。ホントは椿の柄がやりたかったんだけど、待っている人がいるから紅葉にした。ちょっと失敗も、普段ならできないことだからいい経験だと思う。

ちょうどよく始まったバンドネオンのコンサートをBGMに、無料で企画展と常設展を見て回り、チチに頼まれた買いものをしてからムスメとアイスを食べながら帰る。企画展はムスメが途中で飽きてしまったから、1人ならもう少しゆっくり見られたかなと少し後悔したけれど、ムスメがいたからいろいろ挑戦できたような気もする。でもたぶん、最近のワタシなら1人でもやりたいことには挑戦できたかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村