手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

お金をかけないということ

最近、森秋子さんのブログを初めのほうから遡って読んでいる。

真似できないほどストイックでもなく、
眩しいほど完璧でもなく、
ほどよくネガティヴで親近感が湧く。
おやつにお菓子じゃなくて果物やゆで卵もいいなぁ。果物はお菓子と比べるとなんとなく高く感じてしまうけど、満足度はある。簡単に食べられないから食べ過ぎない。最近はお菓子より菓子パンとか重めのおやつを買うようにしてるけど、成長期のムスコはおにぎりとかラーメンがいいみたいだし、そろそろわが家もお菓子を買うのを少し減らしてみよう。

とりあえず、本日はゆで卵。


シンプルライフはおしゃれ過ぎるし、ミニマリズムはストイック過ぎる。
ワタシはただ、あんまりお金や労力を使いたくないのだ。
丁寧な暮らしもできない。こだわりの暮らしもできない。とても人様に自慢できるような暮らしぶりでもないし、貧乏性で遠回りばかり。でも、ないことを悲観するよりは、ないことを力にしてゆけばいいのかもしれない。

脱力系ミニマリスト生活

脱力系ミニマリスト生活

必要なものとはいえ、いろいろお金を使っていると迷いや自己嫌悪が襲ってくる。でもワタシは必要なものに使うためにお金を稼いでいるのだよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村