手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

自然体でいること

外にいると、いろいろ取り繕わないといけないことが多くて、それでも追いつかないときなどおおいに自己嫌悪に陥る。ワタシはいくつものミッションを同時にこなせないのだから仕方ない。

いろいろやることがあると、スポーンと抜けてしまうのはいつものこと。リストを作っても、必ずリストに入れ忘れていることがあったり、リストの存在を忘れたり、バイト中は次々とドラクエの戦闘みたいにやることが出現する。ドラクエのほうがまだ、戦闘中に違う戦闘が始まったりしないからマシなんじゃないかと思う。そもそもドラクエとかやったことないし。RPGどころか、連続ドラマも見られない女だもんでね。

今、ようやく図書館で見つけた『トットチャンネル』を読んでいる。『窓際のトットちゃん』も読んだし、ドラマのトットてれびも見たけれど、ホントにこの人はマイペースで羨ましい。多少生きづらいかもしれないけど、失敗しても迷惑をかけても、めげずに折れずに自分らしくあるのは、たぶんそうあろうと思ってできることではない。ワタシ自身も親譲りのすッとぼけと、焦るとパニクる精神力の弱さと、持続できない集中力のおかげで失敗ばかりだけど、もう少しオバさんらしく悪い意味じゃなく開き直って生きてみようと思った。失敗は行動の証。何もしない人は失敗もしない。そりゃ失敗しないに越したことはないけど、失敗しないように何もしないよりはいいよたぶん。ワタシの取り柄は明るくて真面目なところだそうだし。焦ったり取り繕ったり無理したりしないほうが、もしかしたら失敗や落ち込むようなことも減るのかもしれないとも思う。

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)

またトットちゃんのドラマが始まるけど、ワタシ連続ドラマ見れないので。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村