手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

子どもの服をさらに整理する

ムスコがまたしても「かっこいい長袖のTシャツ買って」とか無理難題を言ってきた。そもそも、君の言うかっこいいの基準がわからない。バイト先の大学生たちは何を着てるのかと観察してみるけど、襟つきのシャツとかパーカーが多いかもしれない。だからムスコにも、春先に買ったシャツを半袖Tシャツの上に羽織るように勧めようと思い、コーディネートしてそっと置いといたけど軽く無視された。


捨てるものはないと前回スルーしたムスコのサッカー用の引き出しをチェック。基本的にクラブ指定のウェアしか入っていないのだけど、確認したら春先に買ったアンダーウェアにタグがついたままだった。こういうのは好きじゃない。

あと、スポーツキッズあるあるだと思うけど、合宿やら遠征やらに参加すると必ず靴下が行方不明になる。うちのムスコは比較的自分の荷物の管理はできているほうだと思うけど、ムスコが脱いだ靴下を誰かが持ってゆき、仕方ないからその辺にある靴下を持って帰る悪循環。指定の靴下は2足セットだから、都合4セットずつあるはずなのだけど、改めて神経衰弱してみたら2セットしか組み合わせられなかった。合宿でもユニフォームの洗濯はするし、2セットあればじゅうぶんかな。ムスメくらいのサイズの靴下と、チチより大きなサイズの靴下の組み合わせとか、神経衰弱だったら完全にハズレだよ。干した時点で長さがぜんぜん違うんだから。

そういえば、幼稚園のときもお遊戯会用の白い靴下が行方不明になったことがあったな。そのときは先生のおかげで入れ替わった相手がわかったのだけど、ムスメの学年も遠征や合宿のたびに靴下捜索LINEが流れる。ムスメは持っていかれたことも持って帰ったこともまだないけれど。


そういえば、前回の片づけで抜いたものにムスコの白いポロシャツがある。ムスコの通う中学校は夏はポロシャツを着ていいのだけど、ちょっと色気づいてくると夏でも長袖のワイシャツの袖をまくって着るらしい。ムスコだけがものぐさなのかと思ったら女子もそうらしいので、そういうのが流行りなのかもしれない。去年の夏は制服のズボンだけチノパンに履き替えて練習に行くから洗濯も買いものも楽ちんだったのに、色気づいてなんだかめんどくさい。ならば自分で選んで買えと言いたいけれど、そういう店に行くのも母と一緒に歩くのすら恥ずかしいお年ごろ。そうだ、ムスコの好きな山崎賢人がどんな服着てるか見てみるかー。緑の学生服の例のキャラはリーゼント以上にハマリ役だと思うわ。でも最近は山崎賢人より新垣結衣らしい。ホント、いつの間にか色気づきやがって。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村