手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

自分を甘やかす

自分に甘い人のほうが、ストレスが溜まらなくて仕事ができるそうだ。なるほど。

でも、自分に甘やかす基準って難しいな。
仕事はのんびりマイペースにわが道でやっていても、容姿に関してはストイックだったりとか、家で眠るのは3時間ぐらいだから自宅にベッドはないけれど、仕事も家族との時間もごはんを食べたり作ったりすることも全力で楽しんでいたりとか、その人にとってどんな時間を楽しむかは違う。

ワタシは眠ることと食べることと歩くこと(自転車に乗ること)が好きで、お金を使うことと掃除がキライ。お金は生きている限りは使わなきゃならないし、掃除もしないわけにはいかない。掃除の何がキライって、完全にキレイにはならないところだ。仕事でも掃除があるけれど、掃除しきれなかったり、すぐに汚れてしまったりで終わりがない。

生きていくうえで必要なことは、たとえ嫌なことでも割り切ってやらなきゃならない。それならば、自分がやりやすいようにしたり、他の人に協力してもらったり、お金ならばなるべく使わないようにしたりすればいい。
そして、やりたいことはなるべく時間を見つけてやったほうがいい。ついつい食べ過ぎたり、ダラけ過ぎで後悔したりすることもあるけれど、自分の身体が欲してるものに気づいてケアするのは悪くない。やることもやらないで人に迷惑をかけるのはダメだけど、誰も困らない程度に自分を甘やかすのはいいんじゃないかなー。

というわけで、眠くて仕方ないのでもうちょっとうたた寝しますわ。
その前に、洗濯もの取り込んで、すぐに夕飯の支度に取りかかれるようにしとこ。お風呂洗いはムスコに外注済み。

主婦が自分を甘やかすのは、準備も大切。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村