手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

ミニマムに逆行する

新しいお財布をおろした。

生まれて初めての長財布。
最近まで使っていたのは三つ折りのコンパクトなお財布だったのだけど、自分がレジに入るようになって長財布もいいなぁと気づいた。

まず、お金の出し入れがスマート。
愛用の三つ折り財布だと、お札が折れ曲がって自動レジに入れにくい。
小銭を出すときも同じ方向なので裏返さなくていい。

カード類は最小限なので、たくさんあるカードのポケットは余っている。
ちなみに、長財布に入れたカードは3枚。
週末に買い出しにゆく大型スーパーの会員カードと、最寄りのドラッグストアのポイントカードが1枚ずつと、健康保険証のみ。クレジットカードやキャッシュカードは持たない。

ただ、難点はやっぱり大きいこと。
ワタシの手持ちのバッグは小さめなので、なんだかギチギチな感じになってしまった。
あと、まだ慣れないのでもたついてしまう。

お財布を大きくするのは、なんだかシンプルとは逆行しているような気がする。小さな暮らしを推奨する方々の中にも、コンパクトなお財布を推奨する方と長財布を推奨する方がいる。小さなバッグにポンと入れるなら小さなお財布のほうがいいし、お金がよく見えるのは長財布のような気がする。使いにくいお財布のほうがお金を使わずに済むという方もいるし、お金の居心地がいいほうがお金が貯まるという方もいる。ようは、自分次第なんじゃなかろうか。


バイトに行ったら、今日から手動レジが出ていた。繁忙期は近いなと実感する。まだ入荷量はそれほどでもないけど、ストックルームの在庫が増えて毎朝の入れ込みが大仕事になってきた。ストックルームが空っぽになってきて、ヤバい仕事がなくなると焦ったのはいつのことだったか。まだ不慣れな入れ込みの人を手伝ってあげたかったけど、自分の仕事が手一杯でフォローに行けなかった。
そして、本日から手動レジデビュー。しみじみと感じる、技術の進歩のありがたさよ。手動レジ万歳!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村