手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

旅支度・家の中編

3日も家を空けるなんて、何年ぶりだろう。お産のとき以来かと思ったけど、チチが事故で入院したときに、義理の両親のお見舞いのお誘いがうざくなって、台風で幼稚園が休園になったのを機に実家に逃げ込んだのが3日間ぐらいだったかもしれない。それにしたってムスコが4歳になる年だからちょうど10年前か。それ以降は、家を空けても1泊程度か誰かが家に残っていた。


1泊2日の旅行でも、ワタシは家の中を片づける。散らかった家に帰りたくないからだ。それは昔からで、学生のころは覚えてないけれど、独身のころから自分の部屋を整理整頓してから出かける習性があった。部屋の中をスッキリさせて、持ちものだけが出ているほうが忘れものがないということもある。化粧品など当日じゃないと用意できないものも多いから、なおさら関係ないものは片づけておきたいし、あぁ汚い掃除しなきゃと思いながら出かけるのも、帰るなり掃除しなきゃと思うのも嫌だから、なるべくキレイにしておきたい。さらに言えば、洗濯ものも残しておきたくないし、ゴミもせめてまとめておきたい。なので、バイトがお休みの今日は、朝から布団を干したりゴミをまとめたり、精力的に動いている。あとでスーパーにリサイクルごみも捨ててこよう。幸い、明日は可燃ゴミの収集日。出発日じゃないのが残念だけど、1日前ならまだいいわ。1日ズレてたら、2日分の可燃ゴミを残して出かけなきゃならないうえに、週明けのゴミ収集日を逃すことになる。恐ろしすぎる。


ワタシもムスコもムスメもチチも、明日いっぱいまで忙しいから、キチンと荷造りができるのは明日の夜。
とりあえず、今日は家の中を片づける日。
冷蔵庫の中身も片づけなきゃ。
あれもやりたい、これもやりたい、時間が足りない、身体が動かないとボヤきながら、やらなきゃならないことはやりたいことなんだなぁと自分の気持ちに気づく。旅の前に家の中を片づけるのも、ワタシにとっては「やりたいこと」なんだ。だって、わが家の家族は誰も協力的でない代わりに、誰も掃除しろなんて言わない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村