手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

仕事着=普段着

新しい仕事着を買った。
外は夏真っ盛りだというのに、店内はすでに秋冬。かといってセーターやダウンはまだ着る気にならず、でも夏物はいつ店頭から消えるかヒヤヒヤもの。とりあえず、七分袖のカットソーとミモレ丈のスカートを買った。あとは、年中通して取り扱いがあるデニムと、素知らぬ顔で春物のパーカーを着て乗り切るか。秋になったらニットを買おうとは思っているけれど。


まさか、自分が季節を先取りするような服装をすることになるとは思わなかった。服は嫌いじゃないけれど、オシャレなどとはほど遠い。見苦しくない程度ならいいと思っていた。正直、たくさん商品はあるけれど、自分に似合いそうなデザインや色を見つけるのは毎回苦労している。

このデザインは好きだけど、好きな色がない、とか、
定番商品だけど、春カラーはまだしも秋カラーが似合わない、とか、
色は好きだけど、素材とデザインが好みじゃない、とか、
エレガント過ぎてキャラに合わない、とか、
可愛過ぎて年齢的にイタい、とか、
シンプル過ぎて組み合わせが難しい、とか、
カジュアル過ぎて、仕事着っぽくない、とか、
毎回同じようなものを着てる、とか、

悩みに悩んで失敗することもある。去年の夏は、肌に合わない素材のTシャツに苦しんだっけ。
襟や襟ぐりの形でも、似合わないものがある。組み合わせによっては、サイズ感も重要。上下ともゆったりしているデザインだと太って見える。


ただ、ずっと心に決めていることもある。
仕事着は普段着。力仕事ができない服や、自転車に乗れないような服は買わない。
短いスパンで買い替えることになるから、少ない枚数をワンシーズンで着倒す。
Tシャツなどは、へたってきたら寝間着にする。
お気に入りは、仕事着を卒業してもお休み用として殿堂入りする。
着ない服は、リサイクルに出す。


今のバイトを始めてもう少しで2年。
ワタシの普段着は、ほぼうちの店の商品になった。下着も全部、そのうち寝間着も入れ替わるだろう。バイト先の名前を出すと、「イメージがそれっぽいよねー」と言われるんだけど、確かにブランド物は持ってないし、うっかりスポーツメーカーの服なんて着たらアスリート感を醸し出しちゃうから避けてるんだけど、ちょっと複雑な気持ちにもなる。昔は違う店の服とか着てたんだけどなー。もっと昔は古着の人だったんだけどなー。

そんなわけで、洋服はほぼバイト先で買うようになったので、他の店を見て回るのは靴やバッグやアウターを探すときだけになってしまった。ショッピングセンターもほとんど行かなくなった。最近は、子どもたちの服すらもバイト先で賄うようになってしまった。「ぽいよねー」と言われても、何の言い訳もできない。
でも、新しい季節が来るたびに、「何を買おうかな〜」と悩む時間も嫌いではない。


新しいスカート。組み合わせたボーダーTシャツを着られるのはいつまでだろう。そろそろ怒られそうだなぁ。とても合わせやすくて着やすくて、今季は仕事着として大活躍してくれた。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村