手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

冷蔵庫を片付ける

わが家の15年ものの冷蔵庫。そろそろヤバいかと思いつつ、まだまだ頑張ってくれている。

ちょうど買い出し前で中身もスッキリしているから、お掃除がてら中身の整理をした。


ワタシはあまり凝った料理もしないから使う調味料も多くはないんだけど、チチは何かというと新しいものを買ってくる。今後使わないならやめてというのもめんどくさいからワタシもたまに使うのだけど、ものが増えるのはいただけない。でも、チャレンジしてみたい気持ちはわかるんだ。いろいろ使いこなせると料理上手になったような気がするよね。ワタシはもう、そういうのは放棄したからいいけど、チチは料理上手なパパを自負しているからまだ諦められない。でも、使いこなせなかったら買っちゃいけないのよ。とはいえ、ワタシもなんやかやであれば使うから、賞味期限が切れていたとかいうことはあまりないんだけど。


今回は、調味料の類を全部冷蔵庫に入れてみた。ワタシは掃除が嫌いだから、あまり汚れるところにものを置きたくない。だから、調味料の類はほとんど冷蔵庫に入れてあったのだけど、小さいものが少し引き出しに入っていたからそのスペースを作った。卵も常にあふれているから冷蔵庫の中の卵ケースは使わないことにした。

今回、冷蔵庫を片付けるにあたって頭を悩ませたのは、冷蔵庫を使うのはワタシだけではないということ。チチも料理をするどころか趣味はスイーツ作りだし、最近子どもたちも自分でお昼ごはんを作ったりするようになった。ということは、身長140cmちょっとのムスメでも手の届くようにしなくちゃならない。ちなみにワタシは165cm近くあるので、高さで困ることはあまりない。

麦茶が1本しかないのは、2人して大容量の水筒に入れてったから。このあと、冷えピタも薬箱に移動した。


家の中を片付けていて困るのは、家族も使うものである。みんな同じシステムで片付けられればいいけれど、わが家はきっちり戻したい派と中を見ないで放り込む派がいる。放り込む収納で済めばいいけれど、放り込む派のほうがたくさんものを持っていたりする。食べものでも、あれも食べたいこれも食べたいと欲張りなのはチチとムスメで、同じものを食べ続けられるのがムスコだ。ワタシはけっこうなんでも食べるけど、買ってきてすぐに食べてしまうか、いただきものや余りものをせっせと片付けている。


世の中のステキ主婦ブログみたいに容器を揃えたりしないのは、家族がわかりやすいように。わが家の家族は見えないものはないと判断するから、みんながわかるようにしておかなくちゃならない。子どもたちにも、自分で暮らしてゆく術を身につけてほしいから、母だけが家事をする家にするつもりはない。っつーか、自分でできることはやってもらわないと、ワタシがキャパオーバーしてしまう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村