手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

買わない選択

15時まで働くようになって、毎日毎日買い出しをして帰ることがめんどくさくなってきた。買いものに寄ると誘惑もあるし、帰る時間が遅くなる。そもそも計画性がないのが問題なんじゃないの? もしかしたら、ちゃんと自分たちの暮らしを把握していたら、お金や時間の無駄遣いも減るんじゃないの?

なんて、今日は雨だし疲れているし、朝からいや昨日の夜からダラダラしている。なんか、何もやりたくない気分。そんな日もあるし、むしろ月に1日くらいは、何にもやらないでダラダラする日を設けるべきだと演説したい気分。


夏になる前にリメイクしようと思っていたワンピース。生地まで買っておいてめんどくさくなって、やっぱり買おうかと検索して、ホントに必要なのかなと思い直した。海やプールに出かけるのなんてほんの1回や2回だし、別にワンピースじゃなくてもいいんじゃない? 着替えるときに楽だからと思ったけど、更衣室で着替えるならタオルでもいいじゃない。ちょっとぐらい見えちゃってもお互いさまじゃない。

今使ってる出勤用の2wayバッグ。お財布も取り出しやすいし、バイト先のロッカーにも入れやすい。
でも、身体に負担をかけたくないならリュックがいい。ちょくちょく買い出しをしないのなら、お財布が多少出しづらくても構わない。ロッカーは仕切りを外してしまえばリュックも入るだろう。休憩に行くときは、インナーバッグだけ持てばいい。

いくつかあるポーチ類。旅行なんかに行くときに使うからと思ったけど、やっぱり年に1回や2回のことだからバイト用のランチバッグで代用できそう。旅行のときのメイク用品は、ランチバッグに入れれば持ち歩きも楽だ。

今欲しいものは、黒いエコバッグ。冠婚葬祭やちょっとしたサブバッグとしても使えるもの。急いで買うものでもないから、何かのついでに探せばいいかと思っている。
それよりも、足の痛みを改善するための靴やインソールとか、家族が暮らしやすくするためのものとか、お金を使うべきところはたくさんある。


なんだかワタシったら、いろいろ無駄なことにお金や時間を使ってるなぁ。まだまだだなぁ。
ただ、掃除用品でも台所用品でもインソールでも化粧品でも、やっぱり使ってみて見極めるものなんじゃないかとも思う。無駄なものを買わないことも大事だけど、悩んで試してみてやっぱり違うということは必ずある。仕方ない。何でもやってみてわかることはたくさんあるし、それが続かなかったからといってやってみたこと自体はきっと無駄な経験ではないはずだ。逆に、無理だ無理だと思ってたことが意外とできたりすることもある。今のバイトもそうかもしれない。


あと欲しいのはねー、秋物の薄手のアウター。ノーカラージャケットがいいと思ったけど、こないだ出たサテンブルゾンに新色が出ないかなーと期待をかけている。ネイビーが欲しいなー。サテンならちょっとキレイめにも着れそうだし。でもまだ着ないから、新色が出ないか様子を見よう。
欲しいって気持ちも、けっして無駄なものでもないと思う。職業柄流行りとか興味ありませんというわけにもいかないし、人生にときめきは必要だ。欲しいものがないと買いものが楽しくないし、食べたいものが食べられないのも行きたいところがないのもホントにつまらない。
でも、モノを減らして罪悪感やスッキリ感を味わったり、コトを減らして身軽さや美容健康にも影響があることに気づいてしまったら、あれもこれも……とは思わなくなってくるのが不思議。やりたいと思ったからといって全部できるわけじゃないし、やりたいのにできないと思うよりは今やろうと思ったことをやるほうがいいよね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村