手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

頭の中のことをまとめる

先週からついにレジデビュー。
とはいえ、まだしばらくはベタ付きの人がいてくれる身分。もしかしたら、来週にはひとり立ちになってしまう。
先週2時間レジに立ってみたけど、慣れないもんでかなりオタオタしてしまった。とくに当日教わったことが頭の中でまとまらずパニクった。基本のレジだけならなんとかなったけど、オプションがままならない。教わったことをいきなり実践できるほど、ワタシはできる主婦ではない。

頭の中で何度もシミュレーションするものの、オプションがいくつも組み合わさるレジは難しい。まだ教わっていないこともある。最初に自分で流れを決めたほうがいいよとアドバイスをもらったものの、なかなか頭の中をまとめる時間がなかった。ようやく今日の夕方にその気になり、ムスコの夏休みの課題用に買ったレポート用紙に流れをまとめてみる。

言わなきゃならない文言
確認しなきゃならないこと
押さなきゃならないボタン
説明しなきゃならないこと
それぞれの動作を組み合わせたときにどれを優先するか、どこに何を置くかまで整理する。

たぶん細かい手順は人それぞれで、これからベタ付きをしたくれる方からもいろいろ教わるだろう。本当にやることが多くて、抜けてしまうとお客さまにご迷惑をおかけしてしまうことばかり。心してやらなければ。


ワタシは「書く」ことで頭の中を整理する。そして、それを何度もやって身体に叩き込む。基本があれば、そこに何かを追加するのは難しくない。いつもやっていることも、少しずつ追加していったことの積み重ねだ。それは、自分で意識しないと難しい。ムスコのサッカーの試合を見ているときも思ったけど、ワタシと似たコツコツ型のムスコは、少しずつ自分のできることを積み重ねて、それを自信にしてさらにできることを増やしている。感覚でできてしまう子とは違う。同じように育てたつもりでも、ムスメは感覚に近く、初見でできたかと思えば簡単なこともできなかったり忘れてしまったりする。でも、コツコツ覚えたムスコは覚えたことを無意識にやっている。小学生のうちは感覚でもなんとかなるが、中学生になると先を読んだり他の選手との連携もあるから、自分の中の選択肢が多いほうが有利になってきている。まだまだムスコは発展途上だけど、怪我人続出で試合に出られるチャンスが増えた今、確実に自分の中のできることを増やしているように見えた。ワタシも今月も100時間以上働けそうだから、自分の中のできることを確実に増やしていきたい。



実は、なかなかレジ業務に就くふんぎりがつかなかったのには理由がある。
ワタシはお金に関することと時間に関することに、ものすごく苦手意識がある。レジ業務はもちろんお金に関わるし、引き継ぎがあるので時間にも厳しい。ついでに、喋るのも苦手だ。インカムもやっと慣れたぐらいで、できるならちゃんと顔を合わせて報告したり質問したりしたいと思っている。
そして、レジの人は動けない。
品出しさんは比較的自分のペースで動けるし、引き継ぎもない。でも、レジ担当はお客さま次第。混んでいたらひたすらレジを打つ。それに慣れればどうってことないんだろうけど、しばらくウズウズしそうだ。
だって、品出し大好きなんだもん。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村