手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

欲しいという感覚

ただいまバイト先はセール中で、次々とお客さまに声をかけられる。その都度笑顔で対応するのだけど、品出しさんのワタシにできることには限界があって、イレギュラーなご希望にはなかなか応えられない。ジレンマ。それもあるからステップアップを希望したのだけど。
セールも日が経つにつれ、商品在庫も減ってしまってご希望に添えないことも多い。想定外なのか想定内なのかペーペーのワタシにはわかりかねるけど、店内のスタッフは在庫が過小していることにピリピリしている。ご希望に応えたいのに応えられない。ジレンマ。


ジレンマを感じて帰宅して、ふと思った。

安くなってるから欲しいのか、たまたま欲しいものが安いから買うのか。

セールまで待っていると、欲しい商品の在庫が少なくなってしまうこともある。
例えばネット通販とかで、欲しい商品を安く探すのは理解できる。
毎年買っているお気に入りの定番商品を、この時期は安くなると見計らって買いにくるのは賢いと思う。
ノベルティが欲しいからセールの時期にまとめて買うのも、欲しいものを安く買いたいからセール時期を心待ちにしているのもわかる。

でも、カゴにいっぱいのお買いもの。
それはホントに欲しかったものなんだろうか。
売ってるほうが疑問に思うのもなんだけど、
欲しいと思っていただけてありがたいけど、
安くなってるから欲しいんじゃなくて、欲しかったものがお得になってるんだったらいいな。


ちょっと前にご案内したおばあちゃま。
お年を召されてだいぶ痩せてしまって、昔の服を直しながら着ていらっしゃるそうで。
買いにいらしたのは肌着だったけど、目的のものをお買い上げになってからも楽しそうに店内をご覧になって、最後に「いっぱい買っちゃったわ」と小さなリュックを揺らして笑顔で帰られた。
久しぶりにお店でいろいろな洋服を見て、楽しい気持ちになられたのならいいな。



ワタシもこないだ、待ちに待っていたワイドデニムを買った。

ムスメとおそろ(?)でバナナの妖精のTシャツも買っちゃった。ムスメが黄色で、ワタシがボーダー。オマケのシールは、ムスメとミニオン大好きのムスメのお友達に。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村