手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

恐るべしインソール・2日目

わが家の小学校最後の運動会が終わった。
小学校最後だというのに、ビデオの充電は忘れるわ、前日も忙しくてぜんぜん準備もできないわ、先生が作ってくれた組体操の立ち位置のお便りは運動会終了後に発掘されるわ、グダグダになってしまったけれど、お弁当もなんとか当日にこさえたし、最後のご奉仕だと思って参加したパトロールも楽しくこなしたし、ムスメは徒競走もリレーも1位で白組優勝だったし、終わりよければすべてよし。なんだか感慨もなく終わってしまった。
中学生になったらお弁当も子どもの分しか作らないし、ビデオも撮らないし、小学校ほど(親は)盛り上がらないんだよなぁ。

小学校の運動会も、2人通っていたころに比べたら競技数も少ないし、6年生ともなると知り合いもどんどん卒業しちゃって思い入れも少なくなっている。1年生のお世話をしている姿や、係の仕事をしている姿を見て、あぁホントに6年生なんだなぁと実感した。ムスコのときはそれほど感慨もなかったけど、ムスメとムスメの同級生のほうがなんとなく「小さい子」という感覚があったからか、より成長したように感じて頼もしいような寂しいような。パトロールのときに、お世話の6年生と間違えて1年生がワタシの腕を掴んだとき、「あ、ご褒美♡」と感じるくらいには小さい子との関わりも少なくなってしまった。寂しい。幼稚園のころと変わらず絡んでくれるムスメの友達も、もう親と身長が変わらなくなってきてるもんなぁ。


そんな運動会の1日。
凹凸インソールを入れていたら、とんでもなく筋肉痛になっている。ヤバい。
今日は1日脚を休ませよう。
ちなみに、筋肉痛ポイントは足裏(小指側)、膝裏(外側)、腿裏、尻の下。競技などには出ていないので、純粋にインソールによる立ち方や歩き方の矯正で生じた筋肉痛かと思われる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村