手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

自分ではわからない歩きかた問題

ワタシは昔からよく歩くほうだと思う。
実家の母は免許もなく自転車にも乗れず、父も単身赴任だったり不在のことが多かったので、小さいころからどこに行くにも歩きだった。ついでに、父がいる休みの日のお出かけは山登りだった。どんだけ歩くねん。

ワタシは免許はないけど自転車には乗れるので、遠出はもっぱら自転車。ただ、自転車で行けると判断する基準が片道1時間ぐらいなので、まぁ人より移動距離は長い。気合いが入っていれば、片道3時間くらいでも行けるくらいには自転車が好き。しかも、ワタシの愛車は非電動のママチャリである。


バイトでは、開店前の2時間くらい小走りで移動している。とはいえ作業なのでずっと移動しているわけではないけれど、その間に大きな荷物の移動や立ったり屈んだり止まっているエスカレーターを駆け上がったりを繰り返している。だから、あまり太らない。痩身エステで20kg体重を落とした女王が、今の自分より体重が重いことに驚くぐらいには太っていない。じゃあ、体型に悩みはないのかと言われればそうでもない。下半身が太いとか、お腹がぽよぽよしているとか、二の腕が振袖だとか、人並みに悩みはある。

そして最近の悩みが、バイトのあとに身体がガタガタになること。昨日今日はたまたま力仕事ではなかったけど、それでもたくさん歩くことは変わらない。とくに脚が疲れていて、ものすごく怠い。歩きかたが悪いんじゃないかと意識してみたり、五本指ソックスを履いてみたり、スクワットをしてみたりするのだけど、無理をすると腰にまでくる。腰というか、たぶん股関節にムスコと同じ爆弾を抱えているんじゃないかと思っている。

とくに最近は踵が痛むことが増えたので、ムスメの爆弾をきっかけにインソールを試してみようと思いついた。ちなみにムスメは整形外科で数万円のインソールを作る予定。実費は保険と補助で数百円らしいけど、成長過程の超足臭ムスメのインソールかと思うととんでも価格だ。でも、足に負担がかかっていると言われれば、作らざるを得ない。


ワタシはとんでも価格のインソールなんて作れないので、それでもハンズで試し履きしながらインソールを買ってみた。

斉藤先生のコンシャスレッグインソール M

斉藤先生のコンシャスレッグインソール M

ふわふわのと迷ってこれにした。
インソールって、靴の中のサイズ感も変わっちゃうし、厚みとかで履き心地も違うし、お試ししないとわからない。これは凹凸があって足が固定されるので、イヤな人はイヤかも。ワタシは足指の突起が気持ちよかったのが決め手だった。帰りに履いて帰ったらいつもと違う筋肉が痛くなったから、歩きかたも矯正されているのかもしれない。こういうのはしばらく使ってみないとわからないから、やっぱり試してみるしかないんだな。世の中はけっこうそういうことが多い。クチコミの評価が高いから自分にも合うとは限らないし、性格だったり、求めるものだったり、暮らしかただったり、それぞれ基準も違う。ワタシはよく歩くから歩きかたから矯正したいと思ったけど、楽であればいいならマシュマロフィットのやつもよかった。

でもワタシは、今回は凹凸つきを選んだ。脚を細くしたかったから。効果がどれほどのものかは、しばらく使ってみないとわからない。とりあえず、セールだし、運動会だし、5連勤だし、脚やせと怠さに効果があるといいなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村