手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

買いものに失敗する

わが家では麦茶を常時8Lは沸かしている。うち、6Lは冷蔵庫。2Lはやかんのまま冷ましてあり、冷蔵庫の1本がなくなったら最後の人がポットを洗ってやかんの麦茶を冷蔵庫に入れ、またやかんで麦茶を沸かすのがわが家のルール。

というわけで、わが家には麦茶のポットが4本ある。そのうちの1本が割れてしまったので買い替えた。
ところが、そのポットがビミョーに小さい。そして、蓋をするときに溢れてしまう。ついなみなみと入れてしまうのがいけないんだろうけど、ちょっと失敗したなぁ〜と思っていた。もう1本割れそうだから買い替えたいけど、同じものを買う気にはならない。


今日は、割れた戸車を付け替えるためにホームセンターに行った。そのついでにポットを2個買った。もったいないけど、失敗した分も買い替えることにした。
なんやかや失敗を繰り返して、この素材はダメだとか、この作りだとここが壊れやすいとか、この形だと洗いにくいとか、いろいろ学習した。まだまだ失敗はあるけれど、失敗を認めて学ぶこともきっと大切だよねと失敗した自分を励ます。

もう、こんな失敗ばっかりだよねー。安物買いの銭失い?
高けりゃいいってもんじゃないけど、悩んだら買っちゃいけない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村