手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

バッグの中が乱れる問題

こないだバイトの休憩時間に血液型の話になった。理系の友達に言わせると血液型占いなんて与太話だとか言うけれど、思い込みってあると思う。最近は生まれ順で性格が違うなんて話題も出てきてなるほどと思うけど、ワタシは長子だけど、飲み会に関しては末っ子タイプだった。仕切ったりするのは好きじゃないし、食べものはなんでも食べるし、メニューを見るのがめんどくさくてビールを頼む。食べるのは好きだけど、食にあまりこだわりがない。

なんで血液型の話になるかといえば、わが家は全員O型のはずだからだ。チチもワタシもO型だから、おのずと子どもたちもO型。だけど、タイプは全員違う。長子のワタシとムスコ、末っ子のチチとムスメ。男女差もあるだろうけど、利き脳も全員違う。詰め込み型のチチとムスメ。整頓するハハとムスコ。形から入るチチ。次々心移りするムスメ。こだわりのムスコ。めんどくさいことはやらないハハ。同じO型でも、似てるけど違う。

ワタシはめんどくさがりのわりにキッチリしているタイプかもしれない。見た目体育会系で女らしさに欠けるし、いつもぼーっとしていてあまり細かいことは気にしないほうだけど、分類したり並べたり整頓したり、什器なども線や面が揃ってないと気になってしまう。別に几帳面ではないのに、子どものころからキレイに並べることが好きだった。もちろんランドセルの中も。教科書は教科ごとサイズごとでキレイに並べて、隙間にペンケースを入れる。バッグの中にも定位置がある。財布はここ、鍵はここ、バイト用のポーチはここ。そんなバッグの中身が最近なんだかぐちゃぐちゃなのは、荷物が多すぎるから。でも、どれも必要なものだし、たぶん人より荷物は少ない。バイト用のポーチと500mlの水筒2本が嵩張るだけだと思う。


世の中にはバッグインバッグという機能的なものがあるけれど、ワタシがバッグを替えても持ち歩くのは、財布と鍵とポーチとiPhoneとエコバッグとハンカチくらい。細かいものは、自作のティッシュポーチにギュッと入れている。とくに仕切りは必要じゃない。
むしろ、バッグからそれだけ出しても恥ずかしくないバッグインバッグが欲しいと思った。今は手持ちのポーチで仕切っているけれど、もうちょっとしっかりしていて持ち歩けるもののほうが便利だ。お気に入りの小さなショルダーバッグで出かけるときに、サブバッグとしても使えるかもしれない。バッグ2個持ちとか、なるべくしたくないんだけど。


もう40代。若いままではいられないなぁとしみじみ感じる。若くありたいとは思うけど、年相応の落ち着きも少しは必要だと思う。予算はあるけどそこそこ作りがしっかりしたものを選ぼうとか、キャラクターものはなんとなくイヤだとか、小さなトートバッグを買うのにいろんなお店を回ってもどれも帯に短し襷に長しで選べず、けっきょく最初の予算より上げてネットで注文した。

今回の選考基準は、
・マチが10cm前後
・自立する程度の張りがあるもの
・キャンバス地の白か黄色か青系
・500mlのペットボトルが入る
・シンプルでしっかりした形
・ショルダーバック以外の手持ちのバッグに入る
・それだけ持ち歩いても恥ずかしくない

神がかり的にジャストサイズでデザインも気に入ったのに、キャラクターがついているのが納得いかなくてやめたりとか、キャラクターがとんでもなく可愛いけどくたくたすぎてダメとか、キャラクターは可愛いけどプリントデザインがだっさいわーとか、この柄のバッグがあったら買うのにとか、もう探してるうちにガッカリが蓄積されて2回目の放浪あたりで泣きそうになってしまった。世の中うまくいかないと途方に暮れた。でも、世の中には強い味方のネット通販がある。検索ワードを絞って何度も何度もネットの海を漂流して、予算は上がったけど納得いくものが買えたと思う。もうそのころには、当初の「バッグの中身を仕切りたい」という欲望よりもさらに要求は進化していた。予算が上がるのも致し方ない。


帰宅すると、ワタシはバッグの中身を整理する。
iPhoneとハンカチを出して、財布からレシートを出して、用の済んだものや水筒を出して、翌日もバイトならバイト用のポーチと帰りに済ませる用事に必要なものを入れてからバッグの定位置に戻す。翌日がバイトじゃなければ、バイト用のポーチをバッグから出しておく。これは必ずやる。出しっ放しやそのまま放り込むことはない。
新しいバッグが届いたら、「翌日バイトじゃなかったら、バイト用に使っている2wayバッグをバッグコーナーに片づける」というルーティンが増えることになる。それも苦じゃない。

ちなみに、ワタシのバッグは5個になった。

神がかり的なサイズ、しっかりした素材、持ち歩いても恥ずかしくない容姿の新入り。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村