読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

ムスメご立腹ツアーと家族サービス問題

今週のお題ゴールデンウィーク2017」


今年のGWは、珍しくムスメのサッカーが土日しか入らなかった。コーチも家族サービスが忙しいのかしら? 中学生のムスコは中間テスト前だというのに毎日試合続きで、唯一のオフはサッカーの友達と遊びに行くんだって。そんなもんですよねー中学生。

というわけで、暇なムスメは両親ひとりじめ。

観覧車乗ってスヌーピータウン行って、
(サンリオとジャッキーとディズニーストアとジャンプショップとどんぐり共和国も覗いて)

中華街で叉焼麺と小籠包食べて、

初めて関帝廟行ったけど、ムスメとチチはもう人混みに飽きてしまって離脱。
でも楽しかったようで。

「もうご立腹だよ〜」

とのたまっていた。ご満悦、な。大丈夫か、6年生。


今日なんかは完全にムスメの欲望に合わせて行動したのだけど、時間だとかお金だとか開き直って気にしないようにしたらとても気が楽になった。買いものとかも最近は「欲しいなら買えばいいよ」と開き直っている。見たいものは見ればいいし、必要なものは買えばいい。何でも買えるわけじゃないのはもう子どもたちもわかっているし、たまに出かけたときぐらいは食べたいものを食べればいい。だって、普段は贅沢してないんだから。
あと、一緒にいる人にムリヤリ合わせるんじゃなくて自分も楽しみを見つけると付き合わされてる感が減る気がする。自分が嫌なことはやらないようにすると、最後まで笑っていられる。相手に合わせてやってると思うと我慢してるような気持ちになるけど、自分も楽しんでしまえばそれは我慢じゃない。最近は子どもたちも成長して、子どもたちのほうがワタシに合わせてくれることも多い。
家族サービスというのは、自分も含めた家族にサービスをすることなのかもしれないね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村