手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

できることを増やすこと

バイトの契約更新の面談があり、今の働き方を変えてみたいと伝えてみました。

現在、ワタシはアパレル量販店の裏方として働いています。店頭に出ることはあるけれど、他のスタッフさんのようにマニュアルを教わっていません。その分、業務内容も少なくて、レジなどには入らなくてもいい立場です。初めの契約がその形態で、なんとなく気が楽なのでそのまま1年以上働いてきました。他にも少人数ですが、ワタシと同じような働き方の人はいます。
ただ、裏方は裏方なので、裏の仕事が少ない閑散期はシフトがガクンと減ります。ワタシはまだ朝イチ出勤をしているので開店準備で入れていますが、朝イチ出勤ができない友達ママなどはほとんど入れないそうです。それが条件で残っているので、みんな仕方のないことだと割り切っています。


実はずっと迷っていました。
長く働くなら、裏方のままではダメだと感じてもいました。なんだかずっと置いてけぼりを食っているような気もしていたのです。気楽だからこれでいいとも思いながら、でも後から入った人に追い抜かれるような焦りも常に感じている。働いていれば、なんやかやでやらざるを得なくてできることやわかることも少しずつ増えてはいるけれど、ちゃんと教えてもらってはいないという自信のなさがどこかにある。ちょうど昨日いくつかヘマをしてしまったので、こんなことじゃいけないと思ってはいたのです。


今さらのような、早まったような。


まだ通るかどうかはわからないのですが、ちょっと自分の中で一歩踏み出した気分です。
通ってしまったら、覚えなくちゃならないことが増えたり苦手なこともやらなくちゃならなくなるので脳味噌が破裂しそうですが、強制的にでも何かに挑戦することは必要だと今は自分を奮い立たせています。他の方からも打診されたけど、自信がなくて踏み出せなかったこと。でも、できないと思ってやらずにいたら、きっとこの先もできない。今までだって、少しずつ何かを乗り越えてきたのです。だって、昔のワタシなら朝イチ出勤なんて絶対にできなかったもの。


あと、最近始めたことがひとつ。

ムスメと一緒に朝ごはん中に聞いてます。ムスコが中学英語でつっかえてしまったので、先取りです。ワタシも復習したかったので、一石二鳥。

気になっている家計のことも、また改善してゆこうと思います。ダイエットもね。
何事も、自分が現状で満足しているのならそれでもいいと思うけど、満足していないなら変えていくことも必要です。変えようと動き出さないと変わらないんですよね。もしそれが失敗でも、それが自分に合わないと知っているのと知らないのでは次の一歩も変わってくるというものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村