読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

できることをやる

キモチ

ムスメが所属しているクラブチームでは、小学校を卒業するときに卒団式をやります。全体でやるようになったのは近年のことで、ムスコも去年送り出していただきました。

来年度からは役員制度もなくなるらしいので、図らずも最後のご奉公となった5年生の役員。6年前に役員を引き受けたりときは右も左もわからず駆けずり回った1年でしたが、今回は仕事もだいぶ減り、フットワークの軽いメンバーと気楽にやり遂げられた1年でした。


これがたぶん、最後の大仕事。
幼稚園のころからお世話になりっぱなしだった6年生を送り出す準備です。とくにムスメは、6年生にも親御さんたちにも可愛がっていただきました。集合写真を撮るときに、ちゃっかりよそのお母さんに抱っこされていたり、よそのお父さんに遊んでもらったり、宿泊遠征でも同じ部屋に呼んでもらったり、放課後も公園で遊んでもらったり、小さなころから人づきあいに関して物怖じしないムスメはみんなの妹みたいな存在だったようです。


フットワークの軽い役員メンバーは、監督からメールいただくと、すぐにグループLINEで話し合い。ちょうど翌日がフリーだからと、朝一番で集まって買い出し。その場で分担して仕事を持ち帰り、ワタシはお習字係を引き受けました。

f:id:kiccasan:20170319191416j:plain

実は、祖父が退職後に自宅でお習字教室を開いていたので、ワタシは幼稚園からお習字を習っていました。習字道具は子どもに借りればいいし、その日限りで身内しか見ない程度のことだからと気楽に引き受けました。他の2人もフットワークが軽く、いつも思い立った人が投げかけてくれて動いてくれました。やれることをやれる人がやればいいと思いながらやってきた1年でした。



そうそう、今年度は自治会の役員も回ってきたので、古株ということで棟長をやったり、イベントなどもお手伝いさせていただいたのですが、これまたやれることをやればいいと思いながらやりました。毎月の掃除や役員会、集金に回覧板。めんどくさいと思えばめんどくさいし、やれると思えば何でもない。こちらも来月の総会が終わればお役御免。小学校の役員も無事ノルマは達成し、最後の本部役員も当たらなかったのでこのまま卒業です。

役員などをやってみると、進んで仕事をする人と役員自体から逃げようとする人がいます。でも、やらない人に不満を感じているよりも、がんばっている人を見て一緒に楽しんだほうが、ストレスも少なくて自分の糧にもなると思います。たまに「いいように利用されてるなー」と感じることもあるけれど、使えると思ってもらえるうちが華なのかもしれません。少なくとも、役立たずとは思われていないわけですから。

f:id:kiccasan:20170319195309j:plain

司会の蝶ネクタイは、ムスメが作ってくれました。当日の司会や受付などは、5年生がやります。ムスメは受付係だそうです。



ワタシのできることなんてたいしたことないけれど、やれることをやれる人がやればいいと思うと気楽です。できないときはできませんと言うし、きちんと断れば誰かがやってくれます。その代わり、自分ができるときはきちんとやる。それで世の中は回ってくのではないでしょうか。
何もやらない人は、何もできない(と思っている)人なのです。いっぱいいっぱいなんです、きっと。わかります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村