読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

10年前 10年後

キモチ

毎度毎度、季節の変わり目になると着るもののことで悩みます。とくにこだわりもないけれど、こだわりがないから選べない。「それわかる~」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

服を減らせば「着るものがない!」なんてことは減るといいますが、ワタシは職場がアパレル量販店なので、気に入ってるからといって同じ服を着続けるわけにはいきませんから、物理的に着ているものが(店頭から)なくなります。制服のないうちのお店では、スタッフは歩くマネキンなのだそうです。まぁ、ワタシなんてほぼ裏方なのでお客さまから「あらステキね」なんて言われる立場でもないのですが、周りのスタッフさんを見てると「ステキだな、いいな」と確かに思います。



フォーマルスーツを買い替えるにあたって、自分の中で条件を決めました。
・ジャケットは、ノーカラーかスタンドカラーで丈が短め。
・ジャケットの下は、膝下丈ののワンピース。胸より下で切り替えがあり、裾が広がっているもの。袖は五分か七分。
近いうちにデパートで探すつもりでしたが、条件にドンピシャのアンサンブルがスーパーセールで出ていたのでポチりました。届いてみないと着た感じはわかりませんが、気に入らなかったら返品すればいいかと思うくらいのお値段でした。



骨格診断がイマイチしっくりこなくて、違う診断を見つけました。

「素敵」の法則

「素敵」の法則

ネットの自己診断でやってみたら、ニュアンスボーイでした。なんだかとてもしっくりきました。
考えてみたら、3種類に分類しようってだいぶ大雑把ですよね。血液型の4種類だって相当大雑把だと思うのに。ちなみにわが家はたぶん全員O型ですが、性格はそれぞれ違います。



ニュアンスボーイのコーディネートを見ていたら、なんとなく10年後の自分もまんざらでもないなと思えました。もちろん今から10年後の服を買うつもりはありません。でも、今回選んだフォーマルスーツは10年後の自分でもステキな気がします。逆に、買い替えたいと思ったフォーマルスーツは10年前に買ったものですが、手元にあったカタログからなんとなく選んだもので、10年後どころか当時の自分に似合うかどうかもちゃんと見極めていなかったような気がします。ブラックフォーマルなんて誰も似合うとか似合わないとか言う人もいませんが、せっかくなら似合うものを着たいですよね。とりあえず今回のスーツが気に入ったら、来年までゆっくり卒業式と入学式の準備を進めたいです。



10年前のワタシはどんな服を着てたっけ?
ムスメが生まれたばかりだから髪振り乱して、ちょっと引きこもり気味で、何を着てたかも思い出せません。きっとまだ独身のころの服とかも残っていたでしょう。実は、10代の終わりぐらいからほとんどサイズが変わっていないワタシ。チチもそうなので、引き出しの中にはまだ独身時代の服が残されています。ワタシも当時はそんな感じで、古着好きだったこともあって気にもしていませんでしたが、20代のころの服が(物理的には着られたとしても)40代の今も着られるわけがなく、ほとんど処分して今は季節ごとに新しい服に買い替えながら暮らしています。断捨離のやましたひでこさんがクローゼットを総入れ替えすると書いていらしたのを「お金持ちなんだな」と思っていたけれど、蓋を開けてみればモノが少なくなったワタシも似たようなことをしているわけです。もしかしたら、チチはそれを快く思っていないかもしれません。チチはたくさんある服を捨てられず、古い服をボロボロになるまで着ています。外に出ることも普段着を着ることもほとんどないから、家の中ではボロボロの服でも平気だし、毎週末が同じ服でもいいわけです。でも、せっかく買った服をキレイなまま捨てられない。子どもたちみたいに成長してサイズアウトすることもない。もったいないと感じる気持ちはわからないでもないです。



さて、自分の着たい服のテイストもわかってきたことだし、少しずつ自分の心地よい場所を見つけていきたいと思います。こうありたいという姿やこう見られたいという感情がうやむやだったのですが、40歳を過ぎて大量のモノを処分してようやく少し見えてきた気がします。まだまだ家の中のことはぼんやりしていますが、今やるべきことはわかります。家を整えて、暮らしを整えて、子どもたちが何かを諦めたりしないように見守り手を差し伸べ、そんなことをあんまりがんばらないで続けていきたいのです。


10年後、ワタシはどう思っているでしょうか。
子育ての終わりが少しは見えているでしょうか、まだまだでしょうか。
10年後のワタシもまだおしゃれを楽しんでいたり、暮らしを楽しんでいたらいいなぁと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村