手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

メイク道具

3年前の画像の中に、メイク道具の画像がありました。

f:id:kiccasan:20170304110713j:plain

これでも多くはないと思うけど、

f:id:kiccasan:20170304110746j:plain

今はこれだけ。
・パウダーファンデーション
・パウダーアイブロウ
・アイライナー
・リップ&チーク
・毛抜き
白いケースに入れて、洗面所の引き出しに。メイク時間も5分ほどです。他にはヘアブラシと鼻毛用はさみとカミソリがありますが、ブラシ以外はほとんど使いません。


スキンケアは、マッサージクリーム代わりのクレンジングクリームと、髪用の椿油、それからワセリン。ワセリンは、乾燥対策の他にメイク下地としても使っています。塗りすぎるとよれてしまうので、ハンドクリーム感覚で手のひらと甲に塗り込み、余りを顔に抑えるくらいでちょうどいいです。

f:id:kiccasan:20170304111617j:plain
3年前はもっといろいろこだわってたなぁ。


子どものころから肌が弱く、アレルギーも少しあります。ちょっと調子が悪いと肌に出ます。だから、肌に触れるものはなるべくシンプルにしています。
肌もアレルギーもなかなか改善はしません。でも、トラブルは減りました。ホントはメイクせずに過ごしたいけど、仕事柄メイクは必須なので最低限のメイクはします。そして、どれもドラッグストアで買えるものです。


同じ年代でも、睫毛エクステわっさーなママもいます。でも、ワタシはすっぴんママに憧れます。きちんとキレイにしていて偉い!と感心するけれど、ものぐさなワタシは楽チンが理想なのです。だから、なるべく肌にも自分にも負担はかけない方法を模索しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村