手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

下着の話

先日、ムスコのトランクスを買い足しました。ムスコはトランクス派なので、探すのに苦労します。子ども用のトランクスって意外と売ってないんです。
ムスコは気に入ったものを毎日でも着たいタイプなので、何でも少ない数で回しています。そして、ボロボロになったら買い替えます。今回もボロボロになったものを処分して3枚になっていました。本人は「オレは3枚でも平気だよ」と言うのですが、春休みに2泊3日の合宿があるのに3枚では間に合わないので買い足しました。


実はワタシも、下着は3枚ずつしか持っていません。
・ブラキャミソール
・ショーツ
・長袖インナー
・十分丈レギンス
をすべて3枚ずつ。毎日洗濯しているし、泊まるとしても1泊なのでなんとかなっています。

ワタシは化繊が苦手なので綿のものを選びますが、ほぼバイト先に揃ってます。残念なのは、年がら年中売ってるわけではないことです。綿のブラトップは春先から夏前までくらい。レギンスや長袖インナーは夏から秋ごろ。ショーツはたぶん定番商品ですが、時期を見計らわないと買いたくても買えないことがあります。最小限で暮らしていると1年もするとヘタってきますから、その時期になったらさっさと買い替えなくてはなりません。


売り場にいると、ワタシのように綿のインナーを探しておられるお客さまによく声をかけられます。夏だから、ヘタってきたから、買い替えたいのだけど、売り場にない。季節を選ばない綿だから年がら年中ありそうなものだけど、むしろ季節もののほうが長く店頭に並んでいたりします。夏は涼しく、冬は暖かいほうが需要がありますから。
実家に寄ったら、母から夏ものインナーがヘタってきたからそろそろ買い替えたいのよねーと言われました。ワタシのヘビロテの綿素材のキャミソールはまだ出ていませんが、夏もの素材はもう店頭に並んでいます。夏素材のTシャツももう出ていたので、確認して連絡するねーと約束しました。店内の季節はどんどん移り変わっています。そういえば、近所の伯母のお気に入りのTシャツももう少ししたら出るかしら。店頭に並んだら声かけなきゃ。


下着は地味だけど必要なもの。
毎日身につけるものだからこそ、素材や着心地は気になります。身近にお手頃な商品があって助かりました。だからこそ、買い替え時を見逃さないようにしようと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村