読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

塚をひとまず

イエ

北の部屋にできた不要品の塚を切り崩して、捨てられるものを順次捨てました。まだ買い取りに出そうと置いてあるものがありますが、これは家族の行動も促したいから準備だけしておいてしばらく寝かせようかと考えています。「買い取り呼ぶならついでに……」と思い切ってくれるかもしれないし、二度手間になって大変なのはワタシなのです。とはいえ、ワタシのしばらくは短いので、夏までにはスッキリさせる予定です。

f:id:kiccasan:20170220144219j:plain

不思議なもので、片づけてゆけばゆくほど、以前はアイディアを振り絞っていた工夫がいらなくなってきます。収納力を増やそうとしていた工夫がいらなくなり、使いやすくしようとしていた工夫が余計なものになり、シンプルな形に戻ってゆくことに気がついてしまいました。

整理収納アドバイザーの勉強をしていたこともあるので、「片づけ手伝ってよ」なんて冗談めかして頼まれることはありますが、実際にできるかと言われると戸惑ってしまう。だって、どんな工夫も片づけてゆけばいらなくなってゆくのを知っているから。工夫してまで収納しても、根本的な解決ができていなければいずれ溢れて崩れてゆくし、片づけられる人になったなら、工夫してまで収納する必要はないのです。使い勝手はそれぞれ違うし、やっぱり自分で繰り返し試行錯誤して暮らしやすくしてゆくものなのです。


今のバイト先は不特定多数のお客さまやスタッフが出入りする場所なので、定位置を決めるのもそれを徹底してゆくのも難しいです。販売業ということでかなり整理整頓にはうるさいけれど、それでも商品は毎日入れ替わり展開場所や什器もそのつど入れ替わります。使っていない什器はストックルームで管理するけれど、今は使わないからいらないというわけではありません。どんなに整理しても、ルールを知らない人や気にしない人が混じれば乱れます。忙しかったり混雑していたりで、いつもできることができなくなることも多々あります。家庭でもそうでしょう。

だからこそ、誰にでもできてめんどくさくない暮らしにしていかなきゃならないと感じます。わが家ではワタシとチチの片づけの基準に差があるので、なかなかその辺りの折り合いをつけるのが難しいです。




ご訪問ありがとうございます。
読者登録してくださっている方もいらっしゃるとは、嬉し恥ずかしです。
昨日コメントくださった方、わざわざありがとうございます! 重ねて御礼申し上げます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村