読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

長い目で見る・片づけ編

蛇足ですが、前の社長は拾ってもらった恩も義理パパがお世話になった恩もありますが、ちょっとお金の部分でブラックな人でした。それでも続けてきたのは、仕事が好きなことと、先輩である今の社長を尊敬していたからだと思います。
代替わりしたあと、いわゆる「見える知人」が訪ねてきて、「会社の空気が良くなった」と言われたそうです。それまでの工場は汚れや不要品も溜まりっぱなしで、社長自身も黒いオーラが出ていたそう。一緒にいたチチのオーラも実は黒く染まってきていたとか。それがクリアになったそうで、片づけの効果もチチ自身感じていると思います。新社長たちと工場を片づけてセルフリフォームをしているときも、体力的には大変そうだけどなんだか楽しそうでしたから。

f:id:kiccasan:20170218072348j:plain

そして、わが家も何度も何度も片づけを繰り返してきました。もったいないと後悔しながら、たくさんのものを処分したり買い替えたりしてきました。お金を使いたくないチチには、もしかしたら苦痛だったかもしれません。
でも、痛い思いをしたからわかることもあります。毎回、気安く買ったり捨てたり買い替えたりしているわけじゃありません。ただ、片づけるごとに余裕が出てきて考えることも増えます。買い替えるものを厳選すれば、無駄遣いも減って暮らしも楽になります。掃除を楽にすればアレルギー症状が改善するかもしれません。暮らしをコンパクトにすれば、日々の買いものも減ります。食事量や栄養価は減らさずに、食費を減らすことだってできます。いざというときに使える予算が増えれば、妥協やガマンもしなくて済みます。とりあえず今は子どもの友達も遊びにこられるし、義理の両親がいつ来ても「どうぞ~」と言えます。いざとなったら、最小限のものを持って一緒に暮らすこともできます。家事を分担すればもっと働きに出ることもできるし、いつかはワタシに何かがあっても残った家族でなんとかできるようにしてゆきたいと考えています。

ワタシにとっての最終的な目標は、家族の自立です。

近々、押し入れの掃除がしやすくなるように改善もしたいので、そのための予算も組もうと思います。その前にまずは、北の部屋の塚を切り崩してリセットすることと、今の暮らしをまた見直して整えることですね。閑散期でシフトが減っているうちにやっつけてしまおう。だって、来年はムスメの小学校卒業&中学校入学、ムスコの高校受験と盛りだくさんなのです。今年の秋にはムスメの制服代も……ムスコのときはお下がりでだいぶ賄えましたが、今年から制服が変わるのでお下がり作戦は使えません。恐ろしいです……。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村