手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

オモチャは減ってゆく

わが家にも、それはもうオモチャがたくさんありました。ワタシもチチもオモチャ大好きなコレクター体質だったからです。
そして、誕生日にはジジババも義理姉もプレゼントをくれます。以前はクリスマスもでしたが、孫3人とも誕生日が秋冬でクリスマスお正月と続くので、みんなでごはんを食べることで落ち着きました。モノより楽しい時間と美味しいごはんですよね。

子どもたちが成長するに従って、誕生日はクリスマスのリクエストもボールや靴や小物など実用的になりました。中学生のムスコは腕時計と長財布でしたし、ムスメはボールとレジンのキットでした。


今、中学生のムスコの残しているオモチャは、ゲーム類とブロックやプラモデル。ゲーム類は、オセロやトランプなどのアナログのものも多いです。トレーディングカードや遊ばなくなったゲームソフトは売ってお小遣いにしていました。
小学校高学年のムスメは、ぬいぐるみとハンドメイドが好きで、折り紙やアイロンビーズ、布や毛糸、最近だと粘土やレジンなどもやります。もちろんお絵かきも大好き。だから、材料や道具がたくさんあります。2割とはいえ女の子なので、かわいい文房具も大好き。お友達からお土産にいただいたり、使い切れないくらいあります。

f:id:kiccasan:20170201212418j:plain

昔はすごかったなぁー。これでもだいぶ減らした一部です。
ワタシの憧れだったシルバニアちゃんは、お友達の妹ちゃんのところにもらっていただきました。買った当時はひたすら裸んぼにしていましたが、今くらいの歳なら本来の目的通りに遊べるのかしら。でも、今のムスメはお人形遊びより、外で身体を動かすとか何か作ったりとかゲームとかが好きみたい。


オモチャっていつまで遊ぶんでしょう。
ゲームも大人だってやるし、ぬいぐるみやお人形が好きな人もいます。コレクターもいます。
ワタシはそういうものから離れてしまったけど、今でもぬいぐるみをひとつだけ持っていて、毎晩抱えて寝ています。かわいいものも大好きです。
でも今は、いつか飽きてしまうのが怖くて手を出せません。そういえば、カメラもオモチャみたいなもんでしょうか。欲しくて買ったけど、使いこなせていません。スマホのカメラで事足りています。もう潔くカメラの道は諦めようかしら。