読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

薄い電話台

ムスコが中学生になり、サッカーのクラブチームに入ったのを機にキッズケータイからスマホに買い替えました。ついでに、ワタシも一緒に格安スマホに乗り替えました。(チチはキャリアを変えたくないというので大手キャリアに残留。ムスメもまだキッズケータイなのでそのまま)
固定電話と家庭内のネット環境は、大手キャリアのときはケーブルテレビにしていたのですが、格安スマホに変えたことでまた検討し光に乗り替えました。去年は電気自由化についても検討したり、少しずつ固定費を見直していきました。


ところが、わが家の電話線ジャックは居間のドアの脇、家族が1番通る場所にあるのです。
最初は、長い電話線を居間の天井近くに這わせていました。ぐるっと反対側まで。テレビのアンテナはケーブルテレビのアンテナジャックを借りているので、途中でそのコードと合流してビミョーに見た目がよろしくない。でも、通路となる場所に大きな電話台は置けないし、そうするしかないと長年思っていました。


ところが思いついてしまった。

薄い棚なら置けるんじゃないか。

しかし、そのころはモデムやWi-Fiなど、3台も並んでいたのです。なので、セールスの人に「モデムが1台になりますよー」と言われ、飛びついてしまいました。

f:id:kiccasan:20170127130926j:plain
前出の、余った棚板で作った電話台です。ウッドラックの棚板2枚の裏に、幅10cmほどの板を打ちつけて棚にしました。
1番上には、固定電話とよく使う筆記具(3色ボールペン、はんこ、はさみ)と、子どもたちが出かけるときに持つものを置いています。
2段目(裏)には、連絡網などの電話関連のファイルを、3段目には1台にまとまったモデムを入れました。

そして、表面にはクリアファイルに入れたカレンダーを張りつけました。ここに家族の予定を色分けして書き込みます。今気づきましたが、高さが低くて見にくいかもしれませんね。

棚の裏にはコンセントもあるので、モデムと固定電話の電源も取れますし、スマホの充電場所にもしています。Androidとキッズケータイは互換性があるらしく、母子3人の充電ケーブルは共用。ムスメの自宅用iPhoneのケーブルと2本使えるアダプターを買いました。あと、チチの棚の近くにもAndroid用のケーブルとiPhone用のケーブルがあり、それぞれ時間をずらしながら充電しています。


子どもたちのケータイや鍵をここに置いてから、ケータイがない鍵がないというのは減りましたが、「あ、今日鍵持ってってない」とか「ケータイ不携帯じゃないのさ!」とかもわかりやすいです。
ちなみに、ワタシもたまにケータイ不携帯をやらかします。