読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

戸棚の中身

この戸棚はワタシの祖父母の形見です。2人が寝室にしていた和室に置いてあったのを覚えています。2世帯住宅で一緒に暮らしていたので、祖母が亡くなったときに姿見や小引き出しと一緒に確保して自分の部屋に運びました。確か上段のガラス扉の中には民芸品やお土産の類がいっぱい並んでいて、戸棚の中には紙のアルバムやネガ、将棋やトランプなどの遊び道具も入っていた記憶があります。

f:id:kiccasan:20170119150810j:plain
今はワタシの細々したものや、家族で使う文房具や書類・取説関係、カメラ関係、アイロンや裁縫道具、ノートPCとプリンタとシュレッダーも入っています。

f:id:kiccasan:20170118163953j:plain
3年前の戸棚の中身は、今と変わらないように見えて微妙に違う。少しずつ減らして減らして、PCやプリンタが入るスペースができました。その代わり、テレビ台のほうに家族がよく使う薬箱を移動しました。

家族も、戸棚の中は「ハハが管理しているスペース」という感覚がなんとなくあるような気がします。確かに、最初はワタシのものが入れてありました。子どもたちが勝手に開けないように、取っ手にチェーンキーをつけていましたが、そのおかげか、子どもたちは勝手にあちこち開けたりいたずらしたりはしない子でした。畳に落書きはしましたけど。


居間の収納用品がどんどん減ってゆき、ものもどんどん減りました。やっぱり、ものを減らす第1歩は、不要な収納を減らすことですね。逆に、ものが増えたからといって収納用品を増やすと、さらにものが増えることになります。ワタシは、間に合わせに買った気に入らない収納用品を減らすために、日々思いたってはものを減らし続けてきた気がします。ステキな家具を増やすのではなくて、お気に入りの家具を活かす。お金がなくても満足できる家にするためには、それが手っ取り早かったのです。


この戸棚だけは、もしこの家を出てゆくことがあってもワタシの荷物として持ってゆくつもり。傷だらけで変な匂いがするけれど、そのくらい気に入っています。

まだ見直すか迷っているものもあります。別に収納場所にも困っていないし、高いものなのでもう少し迷ってみようかな。活用したい気持ちもあり、でも今は余裕がないのです。