手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

トイレをきれいに

わが家の真ん中にあるトイレ。
朝1番に掃除するのを、最近の習慣にしました。夜寝る前より、朝1番のほうが混みあわないから掃除のタイミングが計りやすい。男の子がいるのでカバーの類はなくしましたが、毎日掃除すれば気になりません。むしろ、カバーがなくても「ふたりしっこ~」なんて友達と一緒に用を足していても、「こら」くらいで済みます。

f:id:kiccasan:20170118200330j:plain

トイレもなんだかんだで試行錯誤を繰り返しました。
手洗いを取ってみたり、タオルハンガーを外したり、ペーパーホルダーを改造したり、

f:id:kiccasan:20170118200357j:plain
デフォルトの注意書きが気になったので、木目のシールを貼りました。原状回復しなくちゃならないので、マスキングテープで下地を貼ってあるし、取り外した便座もタオルハンガーも取ってあります。
便座は洗浄機能付き便座に替えるために外し、タオルハンガーは左側にあって不便だったので外して右側にフックと洗濯ばさみでぶら下げることにしました。大人ならたいしたことのない動線も、子どもだと「流す、手を洗う、拭く」の流れを便器をまたいで行うのは難しいです。

外したタオルハンガーのネジ穴は、世界地図でカバー。これは、「トイレに世界地図を貼ると、国際的な人に育つ」という友達のアドバイスから。オリンピックやワールドカップのときなど、「この国ってどこにあるの?」と聞かれることも多いので、「トイレの地図で見といで~」と言います。ムスコが小学生のころは、ワールドカップの出場国の国旗とその国の「ありがとう」を書いて貼りました。昔は世界地図にたくさんの紙ものを貼りつけて飾ったり、棚に目隠しのカーテンをつけたりしていましたが、今は生理用品を隣の洗面所の引き出しにしまうことにしたので目隠しも必要なくなりました。


今は毎朝1番に掃除をして、タオルを替えて、週に1度アイビーの鉢も入れ替えています。
トイレの神様、見てますか?