手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

仕事着=普段着

新しい仕事着を買った。
外は夏真っ盛りだというのに、店内はすでに秋冬。かといってセーターやダウンはまだ着る気にならず、でも夏物はいつ店頭から消えるかヒヤヒヤもの。とりあえず、七分袖のカットソーとミモレ丈のスカートを買った。あとは、年中通して取り扱いがあるデニムと、素知らぬ顔で春物のパーカーを着て乗り切るか。秋になったらニットを買おうとは思っているけれど。


まさか、自分が季節を先取りするような服装をすることになるとは思わなかった。服は嫌いじゃないけれど、オシャレなどとはほど遠い。見苦しくない程度ならいいと思っていた。正直、たくさん商品はあるけれど、自分に似合いそうなデザインや色を見つけるのは毎回苦労している。

このデザインは好きだけど、好きな色がない、とか、
定番商品だけど、春カラーはまだしも秋カラーが似合わない、とか、
色は好きだけど、素材とデザインが好みじゃない、とか、
エレガント過ぎてキャラに合わない、とか、
可愛過ぎて年齢的にイタい、とか、
シンプル過ぎて組み合わせが難しい、とか、
カジュアル過ぎて、仕事着っぽくない、とか、
毎回同じようなものを着てる、とか、

悩みに悩んで失敗することもある。去年の夏は、肌に合わない素材のTシャツに苦しんだっけ。
襟や襟ぐりの形でも、似合わないものがある。組み合わせによっては、サイズ感も重要。上下ともゆったりしているデザインだと太って見える。


ただ、ずっと心に決めていることもある。
仕事着は普段着。力仕事ができない服や、自転車に乗れないような服は買わない。
短いスパンで買い替えることになるから、少ない枚数をワンシーズンで着倒す。
Tシャツなどは、へたってきたら寝間着にする。
お気に入りは、仕事着を卒業してもお休み用として殿堂入りする。
着ない服は、リサイクルに出す。


今のバイトを始めてもう少しで2年。
ワタシの普段着は、ほぼうちの店の商品になった。下着も全部、そのうち寝間着も入れ替わるだろう。バイト先の名前を出すと、「イメージがそれっぽいよねー」と言われるんだけど、確かにブランド物は持ってないし、うっかりスポーツメーカーの服なんて着たらアスリート感を醸し出しちゃうから避けてるんだけど、ちょっと複雑な気持ちにもなる。昔は違う店の服とか着てたんだけどなー。もっと昔は古着の人だったんだけどなー。

そんなわけで、洋服はほぼバイト先で買うようになったので、他の店を見て回るのは靴やバッグやアウターを探すときだけになってしまった。ショッピングセンターもほとんど行かなくなった。最近は、子どもたちの服すらもバイト先で賄うようになってしまった。「ぽいよねー」と言われても、何の言い訳もできない。
でも、新しい季節が来るたびに、「何を買おうかな〜」と悩む時間も嫌いではない。


新しいスカート。組み合わせたボーダーTシャツを着られるのはいつまでだろう。そろそろ怒られそうだなぁ。とても合わせやすくて着やすくて、今季は仕事着として大活躍してくれた。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

妄想リフォーム

妄想シリーズで、今回は実家を脳内リフォームしてみた。ワタシの実家は、元々は祖父母が退職後に終の住処として建てた戸建てを、増築して二世帯住宅にした。当時は6人で暮らしていたスペースに、現在は両親と弟と猫2匹が暮らしている。弟は独身で定職らしい定職に就いていないので、実家の父は彼が固定資産税を払えないのではないかと心配していて、わが家にそのうち一緒に住もう的なことを言ったりするのだけど、わが家だって余裕があるわけじゃないので2つ返事はできないし、何より弟はどうするんだ。弟が出てくならいいけど、彼の面倒まで見る気はないわよ。


まぁ、何かあってもし実家に住むことになったら、ということはたまに妄想する。でも、祖父母のときもそうだったけど、元の住人は自分のスペースを新入りのために減らすことを望まない。弟が独り暮らしに挫折して出戻ったときも、両親は自分たちの生活スペースを譲らず、弟は遺品と不用品の倉庫のようになっていた亡き祖父母の仏間に居候のように住み着いた。その後、ワタシが半ば強制的に遺品と不用品を片づけるまで、弟は倉庫に住み着いたネズミみたいに、雨戸すらほとんど開けず、自分の荷物もろくにしまえず、ゴミと埃に囲まれて暮らしていた。元々生活力なんてない弟だからそんな部屋でも不満も抱かなかったようだけど、そんな部屋から出勤してくる童顔のヨレヨレなオッサンを誰が雇いたいと思うだろう。まして、あの家はホントにネズミが出るのだ。猫がいるのに!


もしわが家が実家に住むとしたら、たぶん元々祖父母のスペースだった1階部分。当時は2階の半分も祖父母のスペースだったけど、今は両親に占拠されている。
まず弟を追い出して、無駄にある納戸や暗い廊下を潰して、台所を寛げるLDKにリフォームする。
玄関は今のまま共有だろうから、下駄箱を増設しなくてはならない。現在三和土の半分を占めている庭仕事用品をどこかに移動したい。
水回りは全部取り替えよう。洗面所の赤いリノリウムの床も貼り替えたい。無駄に広い洗面所には壁付けの棚を作って、家族の肌着やタオルを収納したり、雨の日の洗濯干し場にする。
広めのリビングは、家具で間仕切って子ども部屋にしよう。そして、今は弟の部屋になっている奥の仏間が夫婦の寝室。仏壇はチチの部屋に上げよう。暗い納戸も床の間もいらないんだけど、潰したら化けて出るだろうか。古い家は嫌いじゃないけど、祖父が節操なくあちこちに棚をつけていたから壁紙も変えたい。弟を追い出せば、ものの少ないわが家ならじゅうぶん1階だけのスペースで暮らせるけど、昼間でも暗いし目の前の道の交通量が多くて窓を開けるとうるさいし、虫もネズミも出るし寒いし、あんまり乗り気にはなれない。まず、生活力のない弟を追い出すことが無理。そこに終結して、妄想は終わる。


今のアパートでも、ワタシの両親もチチの両親も面倒見られるから、それでもいいのかなと思っている。ただ、子どもたちは自分の部屋が欲しいだろうから、メリットがあるとすればそれくらいか。別に、実家からでもチチの実家に通えないこともないしな。坂がキツいけど。バイト先は遠くなるな、通えないことはないけど。今のアパートの家賃も激安だし環境がなかなかいいから、狭くてもなかなか引っ越す気になれないのだ。そういえば、実家には自転車置場も駐車スペースもないのだ。死活問題じゃないか! チチの原付は処分するとしても、わが家の3台分+弟の自転車置場はどうする。ワタシの脚であるママチャリが置けない家になんて住めないわ。


でも、勝手に妄想するのはなかなか楽しい。通りすがりの空き地に勝手に家を建てたり、通りすがりの売家を勝手にリフォームしたり、妄想はタダでやり放題。現実の自宅は手がつけられないから、なおさら妄想に逃げる。トイレの壁くらい塗り替えても怒られないだろうか。北の部屋のカビ跡天井も塗りたい。家具を減らしたり掃除をしたりするたびに、過去の自分の至らなさやこの家自体の安普請を目の当たりにして凹むから、そんなときは新しい家を妄想する。普段はとくに引っ越したいとかは思わないんだけど。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

掃除のジャマ

テレビ台の下に長いことひっそりと鎮座していたWii fitを箱にしまった。Wii自体、子どもたちが小さいときは雨の日に行き場のない小学生が集まってきたときに活躍したけれど、最近はみんな集まってもスマホゲームばかりだし、子どもたちもワタシもすっかり忙しくなってしまった。


家電の箱はほぼ処分してしまうけど、ゲーム機の箱とモデムの箱とiPhoneの箱だけは取ってある。モデムは解約するときに返却しなきゃならないし、ゲーム機やiPhoneは箱に入ってるほうが売りやすい。
それらの箱は、廊下の物入れにしまってある。ここは掃除用具や日用品のストックや季節用品がしまってあるけど、残りの1/3くらいはチチのゲームやら未使用のプラモデルやらほとんど使われていないバッグやら過去の趣味のものが占めている。なんとかならないものか。


まぁ、とにかく掃除のジャマだったWii fitは片づいた。



まだ家電の箱があった。
扇風機の箱とホットカーペットの箱。
こればっかりは、箱があるとないとで収納時のコンパクトさが全然違う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シフト提出は計画的に

2ヶ月前のワタシはすっかり夏休みの感覚を思い出せていなかった。いや、思い返せば去年の夏はまだ品出しさんで、しかも閑散期だったからいつも通りに希望を出しても朝だけ出勤とかだったのだ。だけど、今年のワタシは品出しさんではなくレジ要員。しかも、年々冬物の立ち上げが早くなり、夏でも今年は閑散期らしくない忙しさ。


先週はムスメが林間学校、今週はムスコが遠征だった。中学生のムスコはむしろ1人が楽園だから、ワタシはバイトを入れるのがお互いにベスト。その感覚で今週も普通にシフトを出してしまい、小学生のムスメは1人でお留守番。別に1人でも大丈夫なんだけど、1日くらい休みにしてあげればよかったなぁと思っても後の祭り。ただでさえ夏休みで人手不足で、夏風邪が流行り欠勤続出の中「やっぱり休みたいです」なんて言えるわけない。むしろ、欠勤が出てストレッチ残業を打診される始末。

来週からは少し夏休みモードに減らしたので、ムスメと小学生最後の夏休みを楽しむつもり。ムスコなんて、行きたがってたスカイツリーさえも「そのうち友達と行くからいいや」と一緒に行くことを拒んだ。春のネズミの国も、半分くらい別行動だったしなー。ママ、寂しい。


来年のムスメだってどうなるかわからない。今年だって、子どもだけで映画を観にいく約束をしている。ワタシは働くばっかりだってのに、羨ましい。
でも、まだムスメがつきあってくれるうちは、ムスメにつきあうフリをして遊んでもらおう。
来週はチャリで江ノ島かなぁ〜
今日が休みだったら今日江ノ島ゆきを決行していたかもしれないけど、不幸中の幸い、本日はパンツまでずぶ濡れになるほどの土砂降り。有線が途切れるほどの雷。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

感情は比例する

ムスコが遠征に出発した。

思春期のせいなのか、まぁ朝から態度が悪い。
外ではそれなりにやってるみたい、というか、三者面談の様子を見た感じでは、ニコニコしながら甘えてくる小柄な中学生はさぞかし先生にとっても可愛いだろうなぁと思った(ようするに、甘やかされている感じ)


ワタシにも覚えがあるけれど、思春期のころは親や教師に反発して生意気な態度をとる。ワタシとは去年あたりから大バトルを繰り広げ、今は対等の立場として扱うことで上手くやっている。
ところが、チチはいまだに上からオラオラ。腕力的にも負けないから、対等に扱う気なんてさらさらない。ってゆーか、肉体労働のチチに勝てる日なんて年寄りになったときぐらいで、それこそ介護時に復讐されるかもよ?


ムスコとチチのやりとりを見ていると、こちらの態度次第で相手の態度も変わってくるんじゃないかなーと感じる。もちろんそれだけじゃないけど、ムスコがつっけんどんな態度をとればチチがキレる。チチがオラオラで言えば、ムスコが反発する。ワタシもバイト先でクレーム応対の10原則とか復唱してるけど、こちらの対応次第でお客さまのイライラ度が増したり減ったりするのはなんとなくわかる。ムスコもチチも、もう少し対応のしかたを変えればいいのに……と思うけど、とにかくチチは折れない。絶対に子どもに負けたくないらしい。勝ち負けで考えるのもおかしな話だと思うけど、チチは職人なので足元を見られたくないという気持ちが強い。ムスコも頭ごなしに言われるのはムカつくから、2回に1回くらいは反抗する。半分は折れるのだから、ムスコのほうが大人だと思う。その点、ムスメなんてもっと大人で、チチがいないところではさんざん悪口を言ってるくせに、チチが帰ってきたら「パパぁ〜♡」である。女子は大人だなぁ。


ワタシのなかで、自分が嫌いだとか苦手だとか感じている人は、相手もそう感じている。という持論がある。関係なく押しの強い人もいるけれど、それはその人の特性で、苦手な人にも関係なくゴリ押ししてあとで後悔したりしてるのかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

妄想リコン計画

昨日、子どもたちのことでチチと大ゲンカ。今朝も口を聞いていない。
チチはときどき、とくに子どもたちに対してモラハラ発言をする。小さいうちは言うことを聞いていた子どもたちも、思春期になって思い通りにいかなくなった。わが家は、のんびり屋のワタシよりせっかちなチチのほうが口うるさい上に、もともと怠け者のワタシはだらだらする子どもたちに「気持ちはわかるけどさー」という共感を示すけど、チチは問答無用。頼まれなくても4時5時に勝手に目が覚めてしまう人と(年寄りか)、何時間でも寝られる成長期の中学生を同じだと思ったら大間違いだと思う。

子どもたちが小さいころ、もし離婚することになったらパパっ子だったムスコは間違いなくチチに取られてしまうだろうと感じていた。
仕事もしていなかったし、ワタシ1人で家事も育児も仕事もなんてムリだと思っていた。
だけど今は仕事もぼちぼちしているし、子どもたちはだいぶ手が離れてきたし、絶賛思春期中のムスコはチチに反発している。たぶん、今ならワタシについてきてくれる。

妄想リコン。
もし、チチと離婚したら。
この家の名義変更をして、四畳半の部屋はムスコの部屋に、六畳の部屋をムスメとワタシの部屋にしよう。
車とテレビとブルーレイはくれてやる。テレビ台もつけてやろう。チチが1人いなくなると、押入れの半分が空く。ムスコの廊下の収納の上半分も、台所の吊り戸棚も空っぽになるだろう。本棚もいらないし、ベランダの物置は粗大ゴミに出して、家の中もだいぶスッキリしそうだ。
現実には、そんな簡単なことじゃないこともわかっている。だから、妄想する。

そんな話をしてみたら、子どもたちは「離婚なんてしないで!」と言うと思ったら、意外と大賛成だった。自分の部屋が欲しいムスコも、思春期に片足突っ込んだムスメも思いのほかノリノリで、なんだか可哀想になってしまった。


チチがちょっとモラハラ気味なのも、電話とかLINEとかしつこくてうるさいことも、自分勝手でせっかちなのも、とくに離婚の理由になるほどのことじゃない。安月給だけどちゃんと働いてくれるし、家事も育児も協力的だし、ジジもババも親戚もいい人たちでお世話になっている。ここは妄想リコンの中でも、ワタシはともかく子どもたちは縁を切らないようにしようと思っている。

とりあえず、子どもたちと話したのは、チチにもう少し気を遣ってあげようということ。いつでも別れてやるからねーと思っていたら、なんだか少しこちらにも余裕ができるような気がする。
そして、少しずつ貯金を貯めて、ワタシは運転免許を取る。子どもたちの学費を貯める。子どもたちを独り立ちできるように育てる。
断捨離の末にダンナを捨てたという話も聞いたことがあるけれど、ワタシも家の中を整理して働きに出られるようになって、自分にとって大切なものが何か、やりたいことが何か、ハッキリしてきた気がする。
ワタシにとって大切なのは、子どもたち。
ワタシがやりたいことは、子どもたちを独り立ちできる大人に育てること。
そのために、いろんなことをムリだと思わず挑戦したいし、子どもたちにもやらせてやりたいし、ケチケチしたり誰かに遠慮したりせずに暮らせるようになりたい。そうか、だから自分ができないことはやりたがらないチチが目の上のたんこぶになってしまったのか。チチは劣等感の塊のクセにそれを認めない、めんどくさいヤツなのだ。

子どもたちが独立したら、チチとあちこち出かけようと思っていたけれど、ひとり旅もいいかもしれないな。1人じゃ心もとないときは、ムスメや友達を誘って女子旅を。出不精のチチを説得するより、気軽で楽しそう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワタシには自信が足りない

バイト先で、初めてモデルに指名された。新商品の紹介をするためにマネキン代わりにコーディネートされた服を着るのだけど、緊張して変な汗をかいた。ワタシなんかでいいのかなーと思うけど、身長とか体型とかシフトとかいろんなものを考慮して白羽の矢が立ったのだろう。

独身のころはそれほどでもなかったけど、主婦になって家にいるようになると自分に自信がないことに気づいてしまった。不器用だし、要領は悪いし、知識もないし、容姿もだんだん劣化してゆく。人生80年でも折り返し地点。そりゃ、あとは下るばかりだ。

主婦の家事は評価されない。評価されるのはカリスマスーパー主婦くらいで、一般の主婦は眩しくて凹んでしまう。主婦業なんてそれこそ人それぞれで、毎日ピカピカに掃除する人もいれば、週に1度掃除すればいいという人もいる。毎日掃除してもジャリジャリの家もあれば、掃除しなくてもキレイな家もある。それぞれだからこそ、誰からも評価されず、なかなか自信が持てない。上を見ればキリがないし、下を見ても実りがない。仕事だって、バリバリとフルタイムで働く人もいれば、お小遣い程度稼げればいいかなという人もいる。どっちが偉いとかではない。基準は人それぞれなのだ。


カリスマスーパー主婦みたいな人が眩しいのは、自分に自信があるからだ。自分がやっていることに自信があるから公表できる。羨ましいなと思う。
それでも最近は、少しずつ自信をつけている。主婦業をしながら、週の半分は働けるようになった。家の中も、急な来客に戸惑うほど散らかることはほとんどない。子どもたちもそこそこに成長しているし、ワタシ自身も年のわりには若く見られる。
ムスコが小学生のころは、周りのママたちにもなんとなく劣等感を感じていた。とくにムスコの学年は、まだバブルの名残でバブリーなOL時代を過ごしていた世代が多かったから、話についていけないことも多かった。でも、バイト先はシングル率が高く、子育てに仕事にイキイキと励んでいる。自分も主婦業とバイトを両立させて、なんだかんだで楽しんでいる。今までは、なんて狭い世界で過ごしていたんだろうと思う。ベッタリなお付き合いが苦手なのは、今に始まったことじゃない。小さいころも思春期のころも独身のころもずーっとそうだった。遡れば、ワタシの母だってそうだ。それでも友達がいないわけじゃないし、初対面の人と話せないどころか販売業なんてやっている。毎日口の中がカラカラになるまで喋るような仕事をするなんて、思いもよらなかったよ。


さて、もう少し自分に自信をつけるために何をやろう。ムリしてがんばるのではなくて、楽しんでレベルアップしたい。バイト先でも、ステキな先輩方をたくさんお見かけする。ワタシも、胸を張って生きたい。だって、まだ人生は長いもの。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村