読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

やらなきゃならないことが溜まる問題

連休にはできなかったこと。
かといって、バイトがあるときも時間的に難しくて、いつの間にかちまちまと「やらなきゃならないこと」が溜まっていた。

主婦あるある。

バイトを言い訳にしてみたけど、じゃあ家にいたらやったのか自問自答することもなきにしもあらず。

主婦あるある。


そういうことは、思い切って見えるところにスタンバイしておく。予約が必要なムスメの予防接種の用紙と視力検査の再検査の用紙は家計簿セットの中へ。電話をかけるのが苦手で、ついつい溜め込んでしまう。書かなきゃならない書類や払わなきゃならない税金の振込用紙も家計簿セットの引き出しの中へ。

ワタシはたぶん、それほど溜め込まないほうだ。学校の書類は受け取ったらすぐに書いて提出してしまうし、集金なども用意しておく。振込もその週のうちには払ってしまう。時間が経ったら忘れてしまうから、さっさと片づける。いらないチラシやプリントも、その場でどんどん捨てる。古紙回収に出すので、勢い余って捨ててしまっても、古紙回収の前なら救い出せる。個人情報の入った書類も、不要になればシュレッダーの引き出しに入れておいて溜まったらシュレッダーする。

それでも、気分が乗らないときや忙しいときは溜まってしまうし、後回しにしてしまうこともある。予防接種は秋に通知が届いたのだけど、秋口はインフルエンザが怖くてわざわざ病院に行きたくないから寝かせていた。視力検査は連休だったので寝かせた。粗大ゴミの手配もしなきゃならないし、売りに行こうと思っている不用品も溜まっている。

仕事でも家事でも、「やらなきゃならない(義務)」と思うとプレッシャーになる。ならば、目の前にチラつかせておいて、「片づけたいこと(願望)」にしてしまう。手帳の週間予定のところにtodoリストを作って書き込み、片づいたらチェックする。それってちょっと気持ちいい。

明日はバイトが早あがりだから、銀行を回って税金払って……なんて目の前に片づけたい用件を並べて、それに必要なものをもりもりとカバンに詰め込んだ。週に1度くらい、そうやって用事をもりもり詰め込んで動き回る日がある。頭の中でルートも決めて、まとめて片づける。ちょっとしたミッションみたいな気分になる。引き出しもスッキリした。


実家の母も、よくやらなきゃならないことを見えるところに置いたり貼ったりするのだけど、ものが多すぎて景色の一部になっていたり、ネコが棚の上を通って床に落ちていたりするからあまり意味がない。やっぱり、整理するって大事だなぁと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おにぎり巾着がピンク色問題

普段、学校のときはもちろん給食とお弁当なんだけど、サッカーのときはおにぎりを持たせることが多い。試合の合間とかにサッと食べられるから。

おにぎりは幼稚園や小学校のころから使ってる巾着に入れてから保冷バッグに入れて持たせるんだけど、その巾着が誰かのお土産だったり、幼稚園のコップ袋だったり、給食のナフキン入れだったり、ムスメの幼稚園のお弁当入れだったり、まったく節操のない二次利用の寄せ集めだった。

先日、ムスコの試合を見にいったとき、試合の合間におにぎりを食べていたらしいムスコの手にはピンクの巾着。サイズがちょうどいいからムスメの巾着に入れて持たせたらしい。思春期のムスコにムスメのお下がりの巾着を持たせるとか、あまりにもだなとおにぎり担当ではないけれどわれながら呆れた。

それで、100均の手ぬぐいでおにぎり巾着を縫った。おにぎり柄。ちなみに、黄緑色がダイソーで、青がセリア。ムスメもムスコも使えるように、男の子カラーで。実は、紐は古い巾着からの再利用。100均の手ぬぐいは端処理がしてあるから、カットしたところだけジグザグミシンをかけて、適当に巾着に仕立てる。大きめだから、チチが作るバカみたいにデカいおにぎりも入るだろう。

税込216円で、ボロボロの巾着が処分できてスッキリ。ムスコの周りの子も誰も気にしてないみたいだったけど、ワタシが気になったことが解決した。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タコ足配線と薄い電話台問題

配線繋がりで、タコ足配線ってどこのご家庭でもやってるよね。実家なんかもかなりすごいけど、実家の場合はタコ足待ちのコードまで転がっててなかなかのカオスだったりする。で、なぜかそのタコ足待ちのコンセントの元が引き出しに入ってたりしてビックリした。例のニョロニョロだ。ホントに、母の感覚は計り知れない。


うちの配線はとりあえずタコ足待ちの配線とかはないけれど、とくに電話周りの配線が超タコ足。電話にルーターに充電器3台、今はルーターが1台だけど、今月中に自宅用の回線を乗り換える予定なのでルーターが2台になるかもしれない。

それらは自作の薄い電話台の裏に収まっているのだけど、自宅回線の工事日が決まった記念にタコ足配線をちょっとだけ改善した。

ダイソーの縦型のタップを買ってみた。これで、あと2つ空きが出たよ。

棚を戻すとこんな感じ。ここは通り道なので、こんな薄い棚しか置けない。ときおりバッターンと倒れるのは、やっぱりダイソーの家具転倒防止グッズでなんとかした。

これだけで劇的に改善したよ。侮れないね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

配線をスッキリさせたい問題

配線の類は昔から苦手じゃないので自分で取り回している。実家の父は単身赴任をしていたこともあるけれど、休みの日も自分の趣味が優先であまり家にいなかったから何事もあてにならなくて母子で何でもやっていた。大型テレビを2階に運ぶのも、もちろんその配線も。そんなわけでワタシもあまりチチをあてにせず、車が必要なこと以外はたいがい自分でやってしまう。

チチは頼めば何でもやってくれる人で、ホントは頼られたほうが嬉しいんだと思う。結婚したころもいろいろやってくれたし、今もいろいろやってくれる。でも、最近ワタシの中のスッキリとかキレイの基準が変わってきて、その当時は気にならなかったことが気になるようになってしまった。かといってやり直せとは言えないから、自分でちまちまと直している。配線もそう。チチは配線を裏に回しはするけれど、裏の配線がどうなってるかは見えないから気にしない。でも、ワタシは掃除をするから裏も気になる。配線がごちゃごちゃしてるところは埃が溜まりやすい。そして、取りにくい。でも、見えるとこだけキレイになってればいい人は気にならない。ワタシも昔はそこまで気が回らなかった。チチには「細かい」とブツブツ言われるけど、たぶんワタシだけちょっとレベルアップしたんだと思うことにしている。


配線を壁に這わすとき、チチはところどころを固定金具で留めてくれた。でも、年月が経つにつれ金具が外れてしまったりコードがたわんだり、あんまりキレイじゃないなと感じるようになった。ブログなんかでモールで配線を隠してるお宅もあるけれど、以前はコードがたくさんあってモールでは用が足りなかった。今は配線も少しばかりスッキリして、はたと「これならモールでも隠せるんじゃないか」という気がした。


今までできないと思っていたことが、片づけているうちに「もしかしてできるかも」と思うことはよくある。ワタシはだいぶグズだったけど、少しずつ早く動けるようになってきた。動けるようになると動くことが苦にならなくなるし、たくさんのことができるようになってくる。フットワークも軽くなるし、効率も考え始める。片づけると身も心も軽くなるのかもしれない。

モールでもやっぱり目立つなぁ。スッキリ感は多少あるけど、何もないほうが絶対にキレイ。かといって、配線がないとテレビも見られない。コードがたわんでいるよりは見た目もスッキリ見えるような気もするから、しばらくこれでやってみよう。


配線というのも、なかなかよそのお宅がどうしてるか見えないもの。とくにわが家は賃貸で、電気屋さんも首を傾げるような場所にコンセントがついていたりするから、配線にはいつも悩んでいた。コンセントのことを考えて家具を四隅に配置するといいと本に書いてあって、なるほどと思ったけど、天井の真ん中辺りについているエアコン用のコンセントとか、ドア脇についている電話線のモジュラージャックとか、ダイニングでなく和室にあるアンテナジャックとか、腰高の中途半端な位置にあるコンセントとか、ビミョーな位置にあるわが家のコンセントをうまく活用する術がなかなか見つからない。

スッキリしたんだかどうだかよくわからんなぁ。


何ヶ所もやってみたもんだからモールが足りなくなって近所のダイソーに買い足しに行ったんだけど、1番細いサイズしか残っていなかったので1番細い電話のモジュラーコードのところを細いのと取り替えよう〜と思いながら細いのを買って帰宅したら、そこの部分のモールだけがペローンと剥がれていた。空気を読んだか。細いほうが目立たなくて結果オーライ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これも家族サービス。連休が終わる問題

今週のお題ゴールデンウィーク2017」


GW後半だとか言われても、4月は連休じゃなかったからまったくGW感はない。「自分はやっと連休に入ったのに、GW後半とか言われても納得いかない」とチチが言っていた気持ちがわかる。でも、いつもなら3連休止まりなのが今回は5連休だったから贅沢は言わない。社長、ありがとう!


そんなわが家の連休、中学生のムスコは毎日試合、唯一のオフの日は友達とカラオケ、休み明けに中間テストだから塾の補講&自習室でテスト勉強、そしてテスト前日も試合……好きなことがめいいっぱいできる幸せを今のうちに噛み締めておけよ。
珍しく練習がオフだったムスメは、兄の試合を見に行きがてらアスレチックをしたり、念願の横浜で欲望まみれの1日を過ごし、兄のクラブの親子サッカーで新しいお友達ができたり、そして最終日は自分の公式戦。こないだはずっとベンチだったから今日は少しでも出られるといいけど、まぁ期待はしないからワタシは見に行かない。


最近の休みの日は、たいがいチチの予定に合わせる。朝イチに買い出しに行ってあとはのんびりするか子どもたちの試合を見に行くのが定番なんだけど、子どもたちのモチベーションがイマイチで試合を見にいかなくなって、さらにチチの趣味にスイーツ作りが加わり、チチの買いものに付き合うことが増えた。

チチのお目当ては製菓材料探しだ。最近知る人ぞ知る製菓材料のお店が近くにあることを知って、100均とその製菓材料店とカルディとスーパーによるのがお決まりのコースで、ワタシがそこに何かの用事を組み込むとしたら図書館くらいしかないので最初に図書館に寄ってもらったらあとはチチの行きたい場所に合わせてワタシも用事を済ませる。それで配線カバーを買ってきてプチDIYをした。100均で夫が製菓材料コーナーに向かい、妻がDIYコーナーに向かうってなんだか逆な気がするなぁと笑いながら。
でも、食べることは夫婦の共通の趣味になっているから、チチの買いものに付き合うのも別に悪くない。子どもたちの試合に行くときも帰りに何か食べたり、そうやって共通の趣味を満たしている。実家の両親が父の定年を機に山歩きや体力作りという共通の趣味を見出したのだけど、子育て時代はほとんど一緒に行動しなかった両親がそうやって今になって一緒に行動したりしているのはとてもいいなぁと思う。ワタシたちもそろそろ子離れの準備か。


チチは今回、「ちょっといい粉」を3kgも買っていた。そしてこの連休は、午後はスイーツ作り三昧。昨日も4種類くらい作っていた。いったい何になるつもりなのだろうか。まぁ美味しいからいいんだけどさ。作るのも食べるのも、買いものに付き合うのも立派な家族サービス。チチがスイーツを作ってる間は、ワタシは掃除をしたりDIYをしたり用事をしたり家計簿をつけたり好き勝手している。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

はみ出ていても気にならない問題

わが家の玄関には、子どもたちのサッカー道具を置く棚がある。チチの仕事用の上着や、ワタシたちの防寒具を置くスペースもあるにはあるけど上のほうのちょっぴりだけで、中段から下は子どもたちのサッカーバッグやもろもろの道具などが置いてある。まだ小学生のムスメの自転車用ヘルメットも。

その棚からムスメのサッカーバッグが危うい感じではみ出てぶら下がっているのだけど、他の家族は一向にそんなこのとは気にしない。落っこちなければ、はみ出ていても構わないというスタンスである。

電化製品のコードの類もそうだ。iPhoneの充電ケーブルがクッションの上にニョロニョロと進入していても座っていなければ気にしない。座るときは横に払う。踏んづけて壊したら、踏んづけた人が悪い。踏んづけないようにするなんて気遣いはない。


実家のダイニングテーブルに座っていたとき、ベンチの隣の薄い箱が気になった。ニョロニョロとコードがはみ出ている。開けて見たら、ドライヤーが入っていた。たぶん、お風呂上がりにテレビを見ながら髪を乾かすため、テレビが見やすい場所に収納することにしたのだろう。使う場所にしまうのは収納のセオリーだ。
でも、ワタシには理解できない。なんでコードはニョロニョロはみ出していてもいいのか。コンセントの部分なんて、踏んづけたらかなり痛いじゃないか。やっぱり踏んづけた人が悪いのか。母はチチほど悪どくはないと思っていたが、意外と罠を仕掛けてほくそ笑むタイプなのかもしれない。知らなかった。

母は箱に色を塗ったりしてステキな収納を作る。家の壁まで塗ってしまうこだわりの強者だ。なのに、コードがニョロニョロはみ出すのは気にしない。不思議すぎる。

そう、彼女は片づけられない女。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歯ブラシの買い替え頻度問題

たぶん、世の中の人のフツーの基準って最初は自分ちなんじゃないかなーと思っている。だからって、片づけられない親に責任があるとかではなくて、最初の基準から度重なるカルチャーショックを繰り返し、自分の中のフツーの基準をアップデートしてゆくんだけど、意外とそれぞれの家庭の中のフツーって、当たり障りなく暮らしてると見えないもんだよねーとも主婦歴15年弱ともなると実感する。せいぜい、婚家の実家とか親戚の家とか、友達の家とか、それもよっぽど機会がないとお邪魔することなんてないし、ましてディープな部分に触れることはないよね。さすがに義実家とかはもうだいぶ把握したけどね。


それはさておき、ほっとけばいくらでもほっておけるのが消耗品の買い替え。明らかに壊れていたりすれば買い替えるけど、使い方も人それぞれだとなかなか「このタイミングがベスト!」というタイミングがわからない。タオル類の買い替えもそうよね。下着とかもね。ほっとくと、「こんなヨレヨレの下着で救急車で運ばれたりしたら浮かばれない!」ってこともあるよね。


とりあえず、身近なところで歯ブラシについてわが家ではルールを設けた。

【歯ブラシは、毎月月初めに買い替える】


ワタシはトップバリュの安い歯ブラシが気に入ってるんだけど、チチはかためが好きなので立ち回り先になく、違うドラッグストアで安売りの歯ブラシをわざわざ買う。チチは力任せに歯を磨くので、1週間足らずで毛先がフレアーするから高いのはもったいなくて買わない。子どもたちはこだわりがないのでワタシと同じもの。ムスメは「色は絶対に青!」らしいので、消去法でムスコが緑でハハが紫。日本代表ではなく、大阪に何のゆかりもないのにガンバ大阪カラー。自分のチームのトップユニフォームが緑だから緑とかいう考えはないんだなーとたった今気づいた。ちなみに、ムスコのチームのユニフォームは黄色と青。関係ないか。

月1で買い替えるんだから3本セットとかでもいいはずなんだけど、なんとなく毎月4本同じ色を買う。青系なのは、ワタシルールで洗面所に入れてもいい色が青系だから。お風呂タオルもそれぞれ違うものを3枚ずつ用意しているけれど、なるべく白か青系で統一している。洗面所で文字通り異色の存在は、ムスメがお風呂に持ち込むアヒルのスポンジだけ。ワタシは彼もタオル類の仲間とみなしているので、毎日洗濯機でガンガン洗濯されている(ネット使用)


唯一の趣味として大々的に片づけを始めてから、こうやって買い替えや家事のルールを少しずつ決めてきた。今までは家事のルールなんてあってなきがごとしだった。だって、たぶんもしかしなくても実家の母には買い替えのルールなんてない。「ヘタったら買い替える」くらいのルールはあるだろうけど、ヘタったらの基準も人それぞれだよね。使用済みの使い捨てのマスクを引き出しにしまっておいてまた使うとか、ワタシには考えられないけど母にはあたりまえのルールなんだもん。フォローするけど、けっして不潔にしているとかではない。使用済みのティッシュも取ってあるけど、「鼻かんだわけじゃないし、ちょっとしか使ってないからもったいないよねー」というエコの精神らしい。ワタシだって親譲りのアレルギー性鼻炎で、鼻の皮膚を守るために手ぬぐいやハンカチで鼻水拭くから、キレイ好きの人から見たらけっこう不潔かもしれない。先に謝っておきます、すみません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村