読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマイチから今が1番に

5年前から片づけています。

紺と黄色と白と青

モノ

春色のカーディガンを買いました。

f:id:kiccasan:20170309133016j:plain

ずっと迷っていました。ベーシックな色のほうが使い回しが利くし、紺のカーディガンを持っていたからです。
でも、この卵色はすごく好きな色だから、ずっと気になっていました。去年着倒した卵色のセーターは、さすがによれたのでサヨナラしました。秋冬は出なかったこの卵色。春もので出ていました。



ワタシの定番となっているデニムがあります。すごく好きなのに入社した当時は春夏にしか展開していなくて困りました。他のデニムはスリム過ぎて気恥ずかしかったのです。新作が出てから飛びついて、それこそ年間通して履いていました。たぶん何回もバージョンチェンジしていましたが、しれっと履き続けました。さすがにお気に入りの色落ちのほうが膝が出てきて生地の傷みも目立ってきたので、そろそろお役御免かなぁと思っていました。同じローテーションで履いているつもりでも、気に入っているほうほどダメになるのも早い気がします。
同じものはなかったし、卵色のデニムに合わせたかったので濃い色のものを買いました。



今年はダメージデニムやカットオフが流行りですが、ワタシは逆行してなんとなく小綺麗なほうに納まっています。ダメージデニムは好きで、若いころに履き倒しました。今回お役御免になるお気に入りのデニムもダメージ系でした。今のデザインは細身ですが、心持ちゆったりしているのも好きでした。でも今は、細身のほうが合わせやすいのです。体型が変わったのか、年齢のせいか、ゆったりしたものだとだらしなく見えるようになってしまった気がします。



洋服のサイズも、以前はMサイズやLサイズを着ていましたが、最近はSサイズを買っています。母に「昔から自分が大きいという感覚がない」と言ったら、「じゅうぶん大きいわよ」と笑われましたが、身長のわりには痩せ型なのは母譲りで、母も横幅はSサイズです。
秋冬のニットは洗うと横幅が縮むし、今期はオーバーサイズが流行りだったのでXLを着ていました。
そもそも、ニット自体が子どもたちが小さいうちは着られませんでした。汚されると洗うのが大変だからです。でも今は、ネットに入れて洗濯機でザブザブ洗っています。そういうものだと思ったら、ニットが身近なものになりました。



ワタシのワードローブは、今は紺と黄色と白と青しかありません。秋冬に買ったカーキとピンクはリサイクルゆきです。ありがとう。カーキはまた秋にでもお世話になるかもしれません。
以前は淡いグレーもベースカラーに使っていましたが、すっかり紺ばかりになりました。紺は埃が目立つのが難点ですが、きちんと見えるような気がします。黒はワタシには強すぎて、それこそフォーマルでしか着ません。
ボトムスはデニムか紺、たまにカーキ。コート類が紺なので、秋冬はカーキでワントーンコーデから脱出しました。春は黄色のコートと水色のレインジャケットを着るので、カーキはお休みです。
トップスは逆に、白や黄色そして青。デニムやタンガリーみたいなちょっとくすんだ青が好きです。グリーンも好きなんですが、残念ながらあまり似合わないみたいなので、ポーチなどの小物で使っています。



ワンピースを定番にしているという方がいらして、なんだかとてもステキだなと感じました。ワタシはコレ!というものがあるのがうらやましいのかもしれません。それならばワタシはボーイフレンドデニムでしょうか。ボーイフレンドデニムは年中履いています。デザインにこだわらないとすれば、色でもいいのかな。ちょっと人と違う色が似合うと「あの人の色だ」と感じることがあります。卵色がワタシの色になったらいいなぁと思いました。毎日焼いているお弁当の甘い卵焼きの色に似ています。甘い卵焼き色のお母さんって、ちょっとステキかも。
卵色、他でも取り入れてみようかしら。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

10年前 10年後

キモチ

毎度毎度、季節の変わり目になると着るもののことで悩みます。とくにこだわりもないけれど、こだわりがないから選べない。「それわかる~」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

服を減らせば「着るものがない!」なんてことは減るといいますが、ワタシは職場がアパレル量販店なので、気に入ってるからといって同じ服を着続けるわけにはいきませんから、物理的に着ているものが(店頭から)なくなります。制服のないうちのお店では、スタッフは歩くマネキンなのだそうです。まぁ、ワタシなんてほぼ裏方なのでお客さまから「あらステキね」なんて言われる立場でもないのですが、周りのスタッフさんを見てると「ステキだな、いいな」と確かに思います。



フォーマルスーツを買い替えるにあたって、自分の中で条件を決めました。
・ジャケットは、ノーカラーかスタンドカラーで丈が短め。
・ジャケットの下は、膝下丈ののワンピース。胸より下で切り替えがあり、裾が広がっているもの。袖は五分か七分。
近いうちにデパートで探すつもりでしたが、条件にドンピシャのアンサンブルがスーパーセールで出ていたのでポチりました。届いてみないと着た感じはわかりませんが、気に入らなかったら返品すればいいかと思うくらいのお値段でした。



骨格診断がイマイチしっくりこなくて、違う診断を見つけました。

「素敵」の法則

「素敵」の法則

ネットの自己診断でやってみたら、ニュアンスボーイでした。なんだかとてもしっくりきました。
考えてみたら、3種類に分類しようってだいぶ大雑把ですよね。血液型の4種類だって相当大雑把だと思うのに。ちなみにわが家はたぶん全員O型ですが、性格はそれぞれ違います。



ニュアンスボーイのコーディネートを見ていたら、なんとなく10年後の自分もまんざらでもないなと思えました。もちろん今から10年後の服を買うつもりはありません。でも、今回選んだフォーマルスーツは10年後の自分でもステキな気がします。逆に、買い替えたいと思ったフォーマルスーツは10年前に買ったものですが、手元にあったカタログからなんとなく選んだもので、10年後どころか当時の自分に似合うかどうかもちゃんと見極めていなかったような気がします。ブラックフォーマルなんて誰も似合うとか似合わないとか言う人もいませんが、せっかくなら似合うものを着たいですよね。とりあえず今回のスーツが気に入ったら、来年までゆっくり卒業式と入学式の準備を進めたいです。



10年前のワタシはどんな服を着てたっけ?
ムスメが生まれたばかりだから髪振り乱して、ちょっと引きこもり気味で、何を着てたかも思い出せません。きっとまだ独身のころの服とかも残っていたでしょう。実は、10代の終わりぐらいからほとんどサイズが変わっていないワタシ。チチもそうなので、引き出しの中にはまだ独身時代の服が残されています。ワタシも当時はそんな感じで、古着好きだったこともあって気にもしていませんでしたが、20代のころの服が(物理的には着られたとしても)40代の今も着られるわけがなく、ほとんど処分して今は季節ごとに新しい服に買い替えながら暮らしています。断捨離のやましたひでこさんがクローゼットを総入れ替えすると書いていらしたのを「お金持ちなんだな」と思っていたけれど、蓋を開けてみればモノが少なくなったワタシも似たようなことをしているわけです。もしかしたら、チチはそれを快く思っていないかもしれません。チチはたくさんある服を捨てられず、古い服をボロボロになるまで着ています。外に出ることも普段着を着ることもほとんどないから、家の中ではボロボロの服でも平気だし、毎週末が同じ服でもいいわけです。でも、せっかく買った服をキレイなまま捨てられない。子どもたちみたいに成長してサイズアウトすることもない。もったいないと感じる気持ちはわからないでもないです。



さて、自分の着たい服のテイストもわかってきたことだし、少しずつ自分の心地よい場所を見つけていきたいと思います。こうありたいという姿やこう見られたいという感情がうやむやだったのですが、40歳を過ぎて大量のモノを処分してようやく少し見えてきた気がします。まだまだ家の中のことはぼんやりしていますが、今やるべきことはわかります。家を整えて、暮らしを整えて、子どもたちが何かを諦めたりしないように見守り手を差し伸べ、そんなことをあんまりがんばらないで続けていきたいのです。


10年後、ワタシはどう思っているでしょうか。
子育ての終わりが少しは見えているでしょうか、まだまだでしょうか。
10年後のワタシもまだおしゃれを楽しんでいたり、暮らしを楽しんでいたらいいなぁと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カバンの中身

モノ

たぶん3年くらい前のカバンの中身の画像がありました。

f:id:kiccasan:20170307163119j:plain
今も使っているものも、そうでないものも。


現在のカバンの中身がこちら。

f:id:kiccasan:20170307163214j:plain

・エコバッグ
・ポーチ大
・ポーチ中
・ポーチ小
・がま口キーケース
・お財布
・ハンカチ
あと、スマホが入ります。
バイトのときは、バイト中につけているウエストポーチと水筒も持っていきます。

ポーチ小の中には、ティッシュとリップや飴など。
ポーチ中の中には、メモとボールペンと衛生用品やマスク。

ポーチ大の中には、ポーチ中とポーチ小とエコバッグとお財布が入ってバッグインバッグ代わりに。通帳や細かいものを持ってゆくときも、ポーチ大に入れておけばカバンの中で迷子になることはありません。

f:id:kiccasan:20170307163625j:plain

キーケースとハンカチは、カバンのポケットに。


ちょっとそこまでショルダーバッグだけで出かけるときは、お財布とスマホとキーケースとポーチ小とハンカチだけを入れます。
ウォーキングなら、スマホとキーケースだけ。



ポーチ大は、もともと手提げでした。
内布が気に入って独身のころからずっと使っていましたが、だいぶ色褪せてしまって手提げとしては持ち歩かなくなったので、ポーチにリメイクしました。
ポーチ中とポーチ小とキーケースは、お気に入りの生地で作ったもの。ポーチ中の見本は、幼稚園のときに母が作ってくれたお弁当袋です。まだそのお弁当袋も持っているのですが、さすがに可愛すぎるし年季が入ってるし使えないので自分で作ってみました。あまり自分で作ったものに愛着を抱かないタイプなんですが、この生地は大好きでいろいろ作って持ち歩いています。でも、小物だからだろうなぁ。ポーチの類は、意外とジャストサイズのものがなかったりするし、同じ柄などで揃えようと思うと大変なので自作もやむなし。小さなものを作るのは好きです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メイク道具

モノ

3年前の画像の中に、メイク道具の画像がありました。

f:id:kiccasan:20170304110713j:plain

これでも多くはないと思うけど、

f:id:kiccasan:20170304110746j:plain

今はこれだけ。
・パウダーファンデーション
・パウダーアイブロウ
・アイライナー
・リップ&チーク
・毛抜き
白いケースに入れて、洗面所の引き出しに。メイク時間も5分ほどです。他にはヘアブラシと鼻毛用はさみとカミソリがありますが、ブラシ以外はほとんど使いません。


スキンケアは、マッサージクリーム代わりのクレンジングクリームと、髪用の椿油、それからワセリン。ワセリンは、乾燥対策の他にメイク下地としても使っています。塗りすぎるとよれてしまうので、ハンドクリーム感覚で手のひらと甲に塗り込み、余りを顔に抑えるくらいでちょうどいいです。

f:id:kiccasan:20170304111617j:plain
3年前はもっといろいろこだわってたなぁ。


子どものころから肌が弱く、アレルギーも少しあります。ちょっと調子が悪いと肌に出ます。だから、肌に触れるものはなるべくシンプルにしています。
肌もアレルギーもなかなか改善はしません。でも、トラブルは減りました。ホントはメイクせずに過ごしたいけど、仕事柄メイクは必須なので最低限のメイクはします。そして、どれもドラッグストアで買えるものです。


同じ年代でも、睫毛エクステわっさーなママもいます。でも、ワタシはすっぴんママに憧れます。きちんとキレイにしていて偉い!と感心するけれど、ものぐさなワタシは楽チンが理想なのです。だから、なるべく肌にも自分にも負担はかけない方法を模索しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

実家のこと

イエ

最近、またムクムクと実家を片づけたい気持ちになっています。理由は汚実家ブログなどを読んだからなのですけど……ハハの実家はもともと40年前に祖父母が終の住処として建てた家を、30年前に2世帯に増築。20年前に祖父母が亡くなって4人暮らしとなり、15年前にワタシが結婚、弟も一時ひとり暮らしをしましたが挫折して出戻り、現在は2世帯の広さに3人で暮らしています。

祖父母が亡くなったとき、祖父母のスペースを片づけました。20年の時間はもちろん、祖母は箪笥などを中身を整理せずに持ってきたらしく、劣化して化学反応を起こしたインクや、叔母のバービー人形なども出てきました。増築のときには、増築で潰す客間の押し入れから父の昆虫標本が山ほど出てきたらしいです。父は捨てられないものを実家に置き去りにして、祖母はそれを大切に持って引っ越ししていたのです。そんなものが山ほど出てきました。父は祖父母のものも自分のものも捨てられず、片づけようとするワタシを投げ飛ばしました。

それから15年、当時6人で住んでいた家に半分の3人しか住んでいないにもかかわらず、実家は足の踏み場もなくなっていました。誰も捨てないのです。家族のものはもちろん、自分のものも故人のものも。結婚して出ていったワタシのものも少し残っていました。出戻った弟は、家族の不要品の隙間に暮らしていました。そんな人がまともな生活を送れるわけがありません。彼は明日の仕事もないような生活でした。整理収納アドバイザーの勉強をしていたワタシは、勉強と称して実家の1階部分を片づけさせてもらいました。

f:id:kiccasan:20170304082844j:plain
もちろん、ワタシのものも全部片づけました。亡くなった祖父母のものも片づけました。弟が暮らしているスペースだというのに、虫やネズミの死骸が出てきました。たぶん、見えない虫は生きてウヨウヨしているでしょう。「いつかこの家をリフォームして暮らす」なんて気持ちはどこかに吹き飛びました。

来る日も来る日も通っては不要品をまとめ、収集日の前日には玄関に並べて父と弟に出してもらう。そんなことを繰り返し、弟が使っていた仏間から今は使っていない居間に仏壇を移動し、仏間とその前の納戸を弟のスペースにしました。

f:id:kiccasan:20170304083516j:plain
f:id:kiccasan:20170304083601j:plain
これでもかなり片づいたんですよ。ホント、人の住む場所じゃなかったですから。テーブルの上には使ったコップが並び、畳の上には積み上げられた洗濯ものとゴミ袋。テーブルの下には空のペットボトルや栄養ドリンクの瓶。子どものころから酷いハウスダストアレルギーなのに、掃除もできない部屋で窓も開けずに暮らしていたのです。

使っていなかった台所も居間も祖母の部屋だった納戸も片づけて、台所は父の漬けもの部屋になり、納戸は母の絵の倉庫になりました。居間は仏間兼正月などに家族が集まったときの部屋になりました。とはいっても、来るのはわが家だけですが。


それだけ片づけても、実家は3階建てなのでたまに行くとカオス状態。洗濯ものは積み上げられ、床にものが置かれ、棚の上もちょい置きだらけ……それが、先日寄ってみたら少しすっきりしているのです。ジャングルみたいだった庭も、冬だからとはいってもかなりすっきり。理由は、父の定年退職でした。多趣味な父はいつも家にいなくてレアキャラ化していたのですが、定年退職してみたら意外と家にいて、こないだなんて珍しくパジャマ姿でした! お昼近いのにそんな姿でいるのなんて見たことなかったのに。母は見慣れてますけど。そして、すっかり母の言うことを聞くようになった父は、お昼ごはんのあともさっさとお皿を洗って片づけています。庭も父がバサバサと切ってしまったそう。「今年はウメがあんまり獲れないかも」なんて言っていた母も、すっきりした庭にはまんざらでもないようでした。

もうひとつの理由は……猫だろうなぁ。
実家ではずっと老猫を3匹飼っていました。完全なる家猫でどちらかというとおとなしい性格の子たちで、3匹とも20歳前後まで長生きしてくれました。その子たちが天寿をまっとうし、しばらくしてから去年保護猫を2匹もらってきました。元野良でなかなか人に慣れず元気いっぱいに暴れまわる。棚に上り、箱に潜り、箪笥の裏に入る。オモチャを放り投げ、通り道のものは全部落とす。それでも、ツンデレ猫たちは孫以上に可愛いので、両親は猫のために生活を変えてゆきました。床のものを片づけ、棚の上のものも片づけ、壁のものも外す。天井には猫のアスレチックが作られ、洗濯ものも猫のために片づける。猫さまさま。うちの両親は孫ごときじゃ変わらなかったけど、頑固者の義理パパは孫の存在で丸くなったし、孫と動物の威力は侮れないなと感じました。わが家だって、片づけの最初のモチベーションは子どもたちのためだったもんね。今は家事を楽にするためですが、そのことがワタシが働きに出ることに繋がり、ワタシの稼ぎは子どもたちのサッカーや学費に充てようと考えているので、結果やっぱり子どもたちのためなのです。猫たちも両親にとっては子どもみたいなものかと考えると、やっぱり子どもへの愛情ってのはスゴいなと思うのでした。

f:id:kiccasan:20170304090856j:plain
保護当時はケージの中で威嚇していた子たちも、だいぶ慣れてきました。ワタシはよその人なのでまだ警戒されていますが、ときどき「遊んで」と来てくれます。

f:id:kiccasan:20170304091130j:plain
「遊んで」

ムスメはワタシより早く「遊んで」って言われてたなぁ。小さいころは老猫たちも絶対に近寄らなかったけど、ちょっと大人になって、でもまだ子どもだから全力で遊んでくれて、その辺りが近いのかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワタシの服、数えてみました。

モノ

ふと思いついて、今持っている自分の着るものを数えてみました。


【アウター】4着
ダウンショートブルゾン
ウールショートコート
ショートトレンチ
レインジャケット

【ニット】3枚
ケーブルクルーネックセーター
Vネックセーター
Vネックカーディガン

【長袖トップス】5枚
リネンチェックシャツ
ボーダーボートネック
ボーダーモックネック
フランネルチェックシャツ
タックブラウス

【半袖トップス】2枚
ボーダーボートネック
ストライプブラウス

【ボトムス】4本
ボーイフレンドデニム 2本
コーデュロイパンツ
クロップドスカンツ

【下着】12枚
ブラキャミソール 3枚
ショーツ 3枚
レギンス 3枚
長袖インナー 3枚

【寝間着】9着
長袖Tシャツ 2枚
半袖Tシャツ 2枚
スウェットパンツ 2本
ダウンベスト
レッグウォーマー 2組

【ソックス】9足
フットカバー 3足
ショートソックス 4足
レギュラーソックス 1足
タイツ 1足

【靴】5足
スニーカー 2足
ショートブーツ
アウトドアサンダル
長靴

【バッグ】4個
2wayショルダー
リュックサック
ショルダーバッグ
2wayトート

【小物】7個
ベルト
帽子 2個
スヌード
ネックウォーマー
手袋 2双

【アクセサリー】9個
ピアス 3組
ネックレス
ブレスレット
ブローチ 2個
結婚指輪
腕時計

【その他】3着
ナイロンパンツ
ノースリーブワンピース
半袖Tシャツ

合計76個でした。あと、スーツと喪服とその関連用品があります。スーツと喪服は買い替えを検討しています。

今は長袖の季節なので半袖トップスが2枚しかありませんが、半袖の季節になればもう少し増えて、その分コーデュロイパンツやフランネルシャツやニットなどの冬物衣料が減ります。ソックスとデニムもそろそろヘタってきているので買い替えかなぁ。

その他の辺りも要検討です。スポーツ用なんですが、年に1度の親子サッカーと海やプールで着るくらいです。そういえば、水着もひと揃え持っています。いつまで子どもと海に行けるのかなぁ。ムスコは友達と出かけてしまって、去年は一緒に行けませんでした。


ワタシはバイト先がアパレル量販店なので、プチプラ服を着回し着倒しています。その代わり、数は少ないほうかと思います。数が少ないので、仕事着として新しい服を買うときも罪悪感はありません。少ない数で着回しているので、シーズン終わりの着倒した感もかなりあります。
それでも、買うときはスゴく悩みます。それは本当に必要か、着回しができるか。似合うかどうかはもちろんのこと、どれくらい仕事着として着られるかどうかも考えます。

でも、新しい服を買うと気分が上がります。
主な仕事内容が裏方で半分力仕事というのもありずっと実用一辺倒でしたが、最近になって少し小綺麗にしてもいいかななんて考えています。ピアスも復活したし、細めのネックレスとかもいいなぁ、なんて。


まずは来年に向けてスーツの買い替えと、もう少しダイエットしたいです。今でも太ってはいないんですが、もう少し痩せたいのです。

3年前のブログの画像を見つけましたが、ここに写ってる服で今も持っているのは黄色いトレンチコートと麦わら帽子と長靴とナイロンパンツと半袖Tシャツだけかもしれません。

f:id:kiccasan:20170302154151j:plain
f:id:kiccasan:20170302154212j:plain
f:id:kiccasan:20170302154225j:plain
f:id:kiccasan:20170302154249j:plain
f:id:kiccasan:20170302154322j:plain

今現在の引き出しの中は、着ていたりして中身がスカスカなので撮っていません。あしからず。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

下着の話

モノ

先日、ムスコのトランクスを買い足しました。ムスコはトランクス派なので、探すのに苦労します。子ども用のトランクスって意外と売ってないんです。
ムスコは気に入ったものを毎日でも着たいタイプなので、何でも少ない数で回しています。そして、ボロボロになったら買い替えます。今回もボロボロになったものを処分して3枚になっていました。本人は「オレは3枚でも平気だよ」と言うのですが、春休みに2泊3日の合宿があるのに3枚では間に合わないので買い足しました。


実はワタシも、下着は3枚ずつしか持っていません。
・ブラキャミソール
・ショーツ
・長袖インナー
・十分丈レギンス
をすべて3枚ずつ。毎日洗濯しているし、泊まるとしても1泊なのでなんとかなっています。

ワタシは化繊が苦手なので綿のものを選びますが、ほぼバイト先に揃ってます。残念なのは、年がら年中売ってるわけではないことです。綿のブラトップは春先から夏前までくらい。レギンスや長袖インナーは夏から秋ごろ。ショーツはたぶん定番商品ですが、時期を見計らわないと買いたくても買えないことがあります。最小限で暮らしていると1年もするとヘタってきますから、その時期になったらさっさと買い替えなくてはなりません。


売り場にいると、ワタシのように綿のインナーを探しておられるお客さまによく声をかけられます。夏だから、ヘタってきたから、買い替えたいのだけど、売り場にない。季節を選ばない綿だから年がら年中ありそうなものだけど、むしろ季節もののほうが長く店頭に並んでいたりします。夏は涼しく、冬は暖かいほうが需要がありますから。
実家に寄ったら、母から夏ものインナーがヘタってきたからそろそろ買い替えたいのよねーと言われました。ワタシのヘビロテの綿素材のキャミソールはまだ出ていませんが、夏もの素材はもう店頭に並んでいます。夏素材のTシャツももう出ていたので、確認して連絡するねーと約束しました。店内の季節はどんどん移り変わっています。そういえば、近所の伯母のお気に入りのTシャツももう少ししたら出るかしら。店頭に並んだら声かけなきゃ。


下着は地味だけど必要なもの。
毎日身につけるものだからこそ、素材や着心地は気になります。身近にお手頃な商品があって助かりました。だからこそ、買い替え時を見逃さないようにしようと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村