手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

ムスメのおつむ問題②

夏休み初日。
ワタシは朝だけ出勤。子どもたちは午後からサッカー。チチはフツーに仕事。

出かける前に、ムスメに書き置きを残しました。

仕事が終わってムスメに確認したら、課題は終わったから宿題のワークをやっているとの返事。
帰宅してみれば、何の分類もファイリングもしていませんでした。


ワタシにはわからないのです。
どうして言われたことすらやらないのか。できないなら、どうやればいいのか聞かないのか。
やってないのに、できたと言えるのか。
彼女がやったのは、最後の「夏休みの宿題リストを作る」だけでした。それも、自由帳のような、落書きがしてあるノートに殴り書きでした。

帰宅してから、ハハの監視のもと半ベソで分類&ファイリング。ファイリングのためにパンチで穴を開けるときも、真ん中に目印をつけずにテキトーに穴を開けていたので驚きました。今どきの子は穴開けパンチの使い方も知らないのか? 確かに、二穴ファイルを推奨する教科のプリントは、ファイルしやすいようにご丁寧に穴が開けてあります。それでもすぐにファイルしないムスメ。そして、穴開けパンチの使い方も知らないムスメ。ホントに先が思いやられます。


教科ごとのプリントなどは、すぐに二穴ファイルにファイリングしなくても、せめてクリアファイルに分けて入れておくだけでも次の授業やテスト勉強のときに役に立つと思います。でも、ムスメはファイルにも入れずリュックに突っ込むか、教科書ごとロッカーに突っ込んで忘れます。勉強のできる人はその授業の時間内に内容を頭に入れてしまうと聞いたことがありますが、ムスメは残念な子なので不可能です。テレビを見ながらごはんを食べられない子です。わからないことがわからないタイプです。わからないという自覚もないみたいです。できなくても気にしないし、口先だけで悔しいと言っていても3分で忘れます。ホントに3分どころか1分後には違う話を始めるのでゾッとします。3分前にワタシが話したことを、さも以前から知っていたかのように「そういえばさ〜」と話してきたりするので、この子大丈夫かしら?と感じることも多々あります。
ムスメはあまり考えずに思いついたことをパッとやり始めます。時間も場所もお構いなしです。街中でも歌い踊るし、玄関前で店を広げる子でした。コミュニケーション能力は高いほうなので、大人しくて傷つきやすい子に暴言を吐いたりはしないようですが、言い方がキツいと注意されることはあります。3分後には怒っていたことも忘れて当事者と手を繋いでいるような子なので、あまり大事にはなりませんが。


とりあえず、ムスメと一緒にファイリングを終わらせて、夏休みの課題と夏休み中にやり直すプリント類をまとめて「夏休みの課題コーナー」を設置しました。

美術や家庭科の課題もあるので、絵の具セットとお裁縫箱も設置しました。これで少しはムスメのおバカさんが改善するかしら?
ちなみに、ムスコはハハの言うことなんて聞いてくれないので、ムスメに用意したカラフルで見分けやすいファイルの余りを渡しておきました。自分なりに活用なされよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ムスメのおつむ問題

ムスコは整理整頓好きでこだわりが強く、現在絶賛反抗期中ですが、もともと体格も恵まれておらず劣等感も強いぶん、負けず嫌いで努力家です。ただ、好きなことに集中しすぎる傾向があり、暇さえあればだらだらしてスマホを弄っています。

逆にムスメは社交的で、得意不得意はあれど劣等感を抱くことなく育ったので、負けず嫌いでもなければ努力家でもなく、できなくてもへっちゃらぷーだし、失敗したことをやり直したりもしません。
その結果が、見事に中学校に入って現れました。テストがほぼ平均点以下。実技が苦手なムスコと比べたら先生受けはいいのですが、提出物などを見てわかるのかムスコも陰の努力家な部分は買われているようなので、ミスター平均点のムスコより成績下位の可能性があります。ヤバいです。


彼女は整理整頓ができません。学校のロッカーの中も、女子とは思えぬ荒れようでした。その学校のロッカーから夏休み前にいろいろ持ち帰るのですが、0点の小テストが出てきました。2点に続くショックに、チチが激怒していました。
ムスメの2点の小テストを発見したとき、ワタシはあまりのアホさ加減に大爆笑したのですが、今なら取り戻せるからと小テストや手つかずのプリントをやり直すように言いました。翌日に友達と遊ぶ約束をしていたムスメは必死になってやりました。ムスメもそろそろ反抗期に片足を突っ込もうとしておりますが、まだ親の言うことを聞きます。そして3年分は不可能でも、1学期分ならなんとか夏休み中にやり直しができそうです。なので、この夏休みにすべてのプリントとテストをやり直しするように言いました。宿題を入れてもたいした量じゃありませんし、ムスメはムスコと違って夏期講習もセレクションも学校見学も練習会もないのです。むしろ、時間があるときに勉強する習慣を今のうちにつけておくべきです。わが家の子どもたちは、提出物や宿題に関しては答えを写してでも必ずやりとげるタイプです。せっかく先生が作ってくださったプリント類を無駄にしないためにも、せっせとやりとげていただきましょう。


チチはあまりのことにほとほと呆れ果て、わが家では5段階の2を取ったらサッカーをやめる約束なのですが、ムスコに確認して今回限り猶予をつけることにしたそうです。ムスコも「アイツ、バカだならなー」と苦笑いしていましたが、オマエさんだって自慢できるほどの成績ではないよ。3年の2学期に2なんか取ってたら、行きたい高校に行けないからね。と余裕ぶって妹に猶予を与えているムスコを見ながら元ミス中の上は心の中で思うのでした。ちなみにムスコの第1志望は、元ミス中の上が努力せずに入れた1番近所の公立高校です。


さて、ちょいおバカさんのムスメはこの夏休みで変わるのでしょうか?
ムスメは努力して結果を残すということを知らずに育ったので、これで達成感を知ってくれるといいなと思います。桃が「piiti」って書いてあったときには怒る気も失せたわ。あと、さくらんぼが「terri」 声出して読みあげたわ。幼稚園のころに、ぶどうの絵の下に縦書きで「うろぶ」(下から読む)と書いてあった以来の伝説をまた産み出したわね。さすがだわ。ちなみにムスコも英語は苦手で、号泣しながら「塾に通わせてください!」と頼んできたクチですが、ムスメほどの破壊力がないのはなんでだろ。キャラだろうか。

はたして結果は、
ムスメはギリギリ2を免れて、体育と美術が4のほぼオール3
ムスコは先日から左手指3本を骨折していたうえに、弥勒菩薩が漢字で書けず美術が2!となり、ついにオール3から陥落。
ワタシの予想通り、余裕ぶっこいてたムスコのほうがヤバいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

窓辺に置かないで

ワタシは、歩きながら家を見るのが好きです。外観はもちろんですが、窓の位置から間取りを推測したり、窓辺や洗濯ものの様子からご家庭のようすを思い浮かべたり、たまに面白い光景に出くわしたりもするので、このウォッチングはなかなかやめられません。


昨日、ムスコが自分の部屋を片づけていました。ムスコの部屋は窓辺が出窓のようになっています。正しくは出窓ではなくて、窓の下部分の外側が室外機置き場になっているため部屋のほうに出っ張っているのです。ワタシはそこにものを置くのがキライなのですが、ムスコの部屋には小さなラックしかないので仕方なく勉強に使わないものをカーテンや窓の開閉に支障がない程度に並べています。ところが、その後ろにムスコがいろいろ邪魔なものを放り込み始めたのです。もともと持ちものも少なく整理整頓もキライではないムスコですが、カーテンの開け閉めなど自分が気にしないことにはまったく無頓着で、反抗期でもあるので苦言も受け入れません。
ワタシも意固地になって頑なに追加の棚の購入を渋っていましたが、今朝手頃なものを見つけてポチりました。昨日のムスコの売り言葉「じゃあ、アンタのものを捨てろよ!」には腹が立ちましたが、それを聞いたチチが「母さんのものは、この家で1番少ないんだよ」と言ってくれたのでちょっと溜飲が下がりました。ムスコも黙りました。そうだよー捨てるほどないのよー捨てられるもんは捨ててるのよーこないだも棒針編みセットを捨てたよーヨガのDVDも売り飛ばそうと思ってるよー誕生日にいただいた鉢植えも枯らしちゃったから捨てるよーヨガポールも今からぶった切って捨てるよーお茶ポットも1個壊れたから買い直したやつがイマイチだったけど、むしろ1個減らせばいんじゃね?って思ってるよー

っつーか、よく言えたな。
うちで1番大きなワタシの荷物は家族だよ!


脱線しましたが、ワタシは出窓が大嫌いです。だって、掃除しにくいし、暑いし、ものが置かれちゃうし、いいことないんですよ。母の憧れだったらしくて実家には出窓があるんですが、今や開かずの物置きですよ。前にものが置いてあって、結露するのに掃除もできない。年に1度大掃除で掃除するぐらいなのでカビだらけ。ムスコの部屋も陽当たりと構造上の問題でカビが生えやすいので、窓辺にものを置くとかありえないんです。むしろ棚も買いたくないんですが、ムスコが入れたいものが教科書と本なのでそこは譲ることにします。しかも、さっき掃除しにいったら窓辺に放り込んであったものがちゃんと片づけてあったし。

ムスコの持ちものも、ワタシに次ぐぐらい少ないです。うちで1番持ちものが多いのは、チチです。次がムスメです。ヤツらは似た者同士ですが、チチは認めません。そんなものです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

リサーチする楽しみ

今年の夏休みは家族全員の休みが重なるかもしれないと楽しみにしていましたが、けっきょくムスコの休みが合わず、まだムスメも確定はしていないのでテンションが下がっておりました。
わが家はチチが働いているのが今どき日祝のみ休業という昭和体質な職場のため、家族旅行というものはほとんどしたことがありませんでした。チチ自身も家族旅行をするような家庭で育っていないのでとくに不満も感じず、ハハも旅行というよりはキャンプとか登山とかアウトドアな家庭で育ったので、子どもたちのサッカーの試合などでアウトドア気分を満喫していた部分もあります。それに、ワタシたちが子どものころはまだ週休2日の時代ではなかったので、旅行は長期休みや連休に行くものと相場が決まっていましたよね。
そして子どもたちはサッカーの合宿などがあるのでとくに旅行に行きたいという感覚もないようで、最近になって「子どもたちと出かけられるのなんて今のうちだけかも」と焦ったチチとハハが旅行を計画するようになったのでした。

とはいえ、チチは出かけたりする経験自体が少ないので計画などは苦手。ハハは免許を持っていないので運転ができません。そんな2人がお互いに遠慮しながら計画するので、なかなか重い腰も上がらないのが現状。しかも子どもたちが忙しいのでギリギリまで予定が確定せず、宿を予約するなんて絶対に無理だと思っていました。でも、開き直ってみれば予定なんて決められるものです。今までだって、誰かと一緒に出かけるときなら無理にでも予定を合わせていたのです。家族だから予定を合わせられないなんておかしな話です。今回も、ムスコはチームが停滞状態なので休んでも平気そうだし、ムスメもいつもの練習会場が使用不可となっていたので休んでもいいやと割り切りました。悩んで悩んでエイヤっと予約ボタンをポチしたら、なんだか楽しみになってきました。

昨日は1日暇だったので、旅行のリサーチに時間を注ぎ込みました。家族にリクエストを聞いたり、地図を見比べたり、リサーチしたことをなんでもノートに書きました。宿は素泊りでお風呂は奮発して日帰り温泉に寄るのは、子どもたちの試合を見にいったときに覚えたやり方です。素泊りなら夕飯も好きなものを食べられるし試合などで遅くなっても心配がなく、結果的にお安くあがります。わが家もついに全員大人料金になってしまったので、宿代もバカになりません。この夏休みも子どもたちの合宿代などでワタシのバイト代以上の額が飛んでゆくので、楽しい貧乏旅行です。でも、豪華な朝ごはんじゃなくても朝はコーヒーとヨーグルトがあればじゅうぶんだし、決まったコース料理で子どもたちが残したものを片づける必要もありません。ちなみに合宿では旅館などと違って豪勢な和食ではなく、なるべく子どもたちが好きそうなものを出してくれるようです。揚げものや焼肉など、写真を見るとけっこうなボリュームです。トマトとアスパラとブロッコリーとチーズが苦手なムスコは、千切りキャベツが苦手な友達とトレードして乗り切っているそうです。ワタシも好き嫌いではないけれど体質的に食べたくないものがあるので、食事は選べるようにしようと思います。残念ながら、名物がうどん的なものばかりなんですけど。


よーし、楽しむぞ!
肌着のタンクトップ2枚しかないから追加しなきゃ〜



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

暮らしをもっと小さく

ムスメの夏の遠征代の振込のため、残高を確認しました。毎度のことながらギリギリです。
ワタシの給与口座からは、子どもたちのサッカー関係の費用、ムスコの塾代、母子3人分の共済の掛け金を支払っています。ワタシのバイト代は毎月10万円弱、少ないときは8万円ほど。正直ギリギリです。

その他の生活費などはチチの給与口座から支払っていますが、そちらのほうには多少余裕があります。でも、これから子どもたちの学費もかかるようになりますから、普段からもう少し暮らしを小さくしたい。食費は増えてゆく一方だけど嗜好品を減らしたり、日用雑貨を買う頻度を減らしたり、できることはまだありそうです。手っ取り早く通信費や光熱費などの固定費も削りたいのですが、最大のネックがチチなので説得&教育が子どもよりもずっと難しい。実際、固定費も現状で無駄遣いをしているわけではないのですから、変化を嫌うチチを説得するのは至難の業です。ケチでビビりで頑固で自分の非を認めないチチは、片づけの最大の敵と言っても過言ではありません。ケチでビビりだから、捨てたり変えたりができないのです。だから彼は、中学生ぐらいから苦労をしているけどあまり変わっていません。もしかしたら、精神年齢はムスコ(中3)のほうが上かもしれません。


大雨の被害を見ていると、いざというときに大切なのは自分の身を守る判断力と、身ひとつになったときに気持ちを前向きに切り替える行動力なんじゃないかと感じます。土砂に塗れたら、全部捨てるしかなくなる。でも、命があればやり直せる。そんな逞しさも感じます。悲しいけれど、たくさんの犠牲があって学ぶこともあります。ワタシたちも他人事とは思わず学ばなければなりません。備えあれば憂いなしと言うけれど、備えとは「いつか使えるかもしれないもの」ではなくて、「いざというときに必要なもの」なんじゃないでしょうか。

いざというときに必要なもの。
自分の身を守る判断力と、
身ひとつでも生きられる行動力。
勉強したり働いたり行動することは生きるための能力のひとつですし、自分を守ることは命に関わることだけではなく普段から必要なものです。そういうものを日頃から備えておきたいです。

被害に遭われた方々が日常を取り戻せる日が早く訪れますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2年後に思いを馳せる

ムスコの部屋をさらに受験生仕様にしてから、ムスメのスペースに着手しました。わが家は2DKのためムスメには個室はなく寝室にしている和室の一画にムスメのスペースがあります。

ムスメがムスコと違うのは、ものを作るのが好きなこと。書いたり縫ったり編んだり、見よう見まねでいろいろやりたがります。ワタシもそうだったので血は争えないというか、わが家の場合むしろムスコが異端なのかもしれません。ムスコもたぶんものを作るのは嫌いじゃないんですが、いかんせん不器用すぎるのかセンスが人と違うのか、ワタシと美術の先生はムスコのセンスを買っていますが一般的に上手とは言い難いです。


ムスメの手芸好きは、ワタシたち両親やハハの母などの影響も強く受けています。でも、極めるほどの時間もない。ムスメはムスコと違ってなんでも中途半端なのです。器用貧乏というのでしょうか。器用貧乏の正しい意味を調べるついでに器用貧乏な人の特徴というのを見てみたら、まさにワタシとぴったりなので悲しくなりました。
そして、器用でものづくりが好きな人の特徴として「やたら材料や道具を保有している」というのがあります。うちの母親や祖父母もそうでしたし、チチがまさにそうです。自分で作ったり直したり工夫したりするために、何かに使えそうなものは捨てられないしもらってくる。不思議なもので、買うとなるとこれだというものが見つからないとか値段が高いとか買わない理由が見つかるのに、作るとなると途端にハードルが下がるような気がします。さらに作ったり買ったりしたものに執着するタイプだとものが溜まる一方です。作っただけで満足したのに、手作りだと捨てられないという悪循環も出てきます。食べものを作る趣味ならば消えものだからいいだろうと思いがちですが、なんでも使えるかも?と考えるのは同じで目新しいものを買い込んでは使い切れずに賞味期限を切らすというあるあるが観測されています。


ムスコの本棚の3年分の教科書類を見て、2年後にはムスメの教科書がワタシの枕元に並ぶのかとゾッとしました。それは仕方ないとしても、もう少し他のものを減らしてもらわないと本棚に並べることすらできません。ムスメも中学校の3年間はサッカーを続けるつもりでクラブチームに入りました。ならばもう少し他のものを減らして、サッカーに集中できるようにしたほうがいいのかなとも感じます。手芸はこの先もできるけど、サッカーは身体が動くうちしかできませんからね。それにまず、忙しい子どもたちにはあまりいろいろ手間を増やしたくありません。気持ちも身の回りも散らかるばっかりで、いいことなんてありませんからね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

漁れば出てくる

このところ、お休みの日は引きこもっています。
今日もモヤモヤしたことがあったので確認しに出かけようかと思いましたが、朝からけっこうな雨が降っていたのと、昨日の朝からお腹と腰が酷く痛かったので、明日まとめて片づけることにしました。体調のほうは今は落ち着いています。


モヤモヤといえば、もう何年も片づけ続けていますが、まだ家の中はモヤモヤしています。今朝も少しだけムスコの部屋を片づけたら、けっこうな量の移動するものと処分するものが出てきました。本来ならば子どもたちが自分で片づけるべきかとは思いますが、今の子どもたちにはまとめて片づける時間がありません。子どもたちは忙しいので、むしろまとめて片づけるのではなく、日頃からサッと片づけられるようにしてやるほうが優先かもしれません。


ムスコのお裁縫箱を見たら、小学校のときの課題が入ったままでした。思い返してみると、ワタシのお裁縫箱もそうでした。今はいただきものの和菓子の紙箱に最小限の道具が入っており、使うときは蓋をゴミ箱にして、片づけるときにサッと捨てます。さっき出た大量の移動したり処分したりするものも、テーブルの上に集めて分別して片づければあっという間に終了です。気の向くままにやっているので片づけた先でまた何かを整理し始めることもありますから、実際にはあっという間ではないのだけれど最後に片づいていればいいと思っています。

ムスコの部屋が、また少しスッキリしました。DSとか、クローゼットのオモチャボックスに片づけちゃいましたよ。だって、受験生には目の毒だもんね。知らぬ間に増えていた身だしなみケア用品は、身支度をするクローゼットに移動しました。

本当にそれが必要なのかは、使ってみないとわからないものです。子どもなんて、そのときは必要でも成長とともにいらなくなるものもたくさんあります。成長とともに必要になるものもあります。大人になっても成長し続けます。だから、片づけは終わりがないのです。

ちなみにDSをしまってから数日経ちますが、ムスコから何も言われていません。写真に写っている黄緑のウォールポケットを撤去したことには気づいたみたいですが、ウォールポケットは思い出箱に入れてあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村