手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

いずれはお別れするもの

ついに、ムスメのぬいぐるみたちを布に包んでゴミ袋に入れました。

誰かにあげようかと迷ったけど、迷惑になるかと思ったのでやめました。ぬいぐるみは、買ってもらった思い出も大切なものです。お下がりにするものではないなと思いました。


ワタシもぬいぐるみが好きだったので、これまでたくさんの子とお別れしてきました。小さなころに流行った抱えるようなサイズのぬいぐるみが欲しかったけど買ってもらえず、ようやく手にしたドナルドダックのぬいぐるみを目玉が飛び出ても直してもらって抱えていました。一緒に抱えていたピーターラビットのぬいぐるみは比較的丈夫だったので、この家に一緒に嫁に来ました。今でもぬいぐるみは大好きだしときどき心を鷲掴みにされるけど、お別れのときにとてつもなく申し訳ない気分になるのでやっぱり極力買わないことにします。今は、抱き枕にしている子をひとつだけ持っています。


小さな子がぬいぐるみや人形を抱えている姿は、とてもとても可愛いです。ムスメが最初に欲しがったのはちいぽぽちゃんでした。ムスメのちいぽぽちゃんは、付属品と一緒に友達が勤める保育園にもらっていただきました。
ムスメが思ったより遊ばなかったシルバニアファミリーは、ムスメの友達の妹ちゃんにもらっていただきました。今思えば、ムスメ本人よりもワタシが憧れていたのです。大きなぬいぐるみも、もしかしたらワタシの憧れの延長だったのかもしれません。今、ムスメは毎晩お気に入りの柴犬の抱き枕を抱えて寝ています。その子にもいつかお別れの日が来るかと思いますが、それはものだけじゃなく人や動物だって同じなのです。目玉がもげるほどお気に入りだったドナルドダックとお別れするときも、とんでもなく罪悪感を抱きました。でも、ずっと抱えて生きてゆくわけにはいきません。命あるものでもないものでも、出会ったからにはいずれはお別れするものなのです。

贈りものはいただいたときにすでに役目を果たしているという話がありますが、贈りものだけでなく、なんでも出会ったときからお別れへのカウントダウンが始まっているのかもしれません。それが早かったり長かったり、短くても濃かったり、買ったばかりなのにお別れすることになって「失敗したなぁ」と思ったり、誰かが持っているのを見て欲しくなったり、でも自分には不相応だったり。出会いがあれば必ずお別れもやってくるのでしょう。


そういえばついでに、誰かにお下がりしようと思っていたムスメの服もリサイクルに出すことにしました。確かに需要がありそうな服だけど、もうムスメで何代目かのお下がりで、無理に誰かにもらってもらうよりは発展途上国などで服が必要な子にもらってもらうほうが、いいかもしれないと思ったのです。もちろん、お下がりをもらってくれる誰かを探すのがめんどくさくなったというのもあるんだけど、服が余ってるようなところで燻らせるよりも、本当に必要な人のところに行ったほうがなんぼか幸せなんじゃなかろうかと思ったのです。


高いお金を払ったとか、あんなに欲しがってたのにとか、いいものなのにとか、もったいない気持ちは捨てきれないけれど、どんなものもいずれはお別れするものなのです。たぶん、手に入れたときにすでに半分くらい役割を果たしているのです。ハンドメイド作品なんかも、作ること自体が目的の半分くらいを担っているんじゃないかと思います。だから、お別れするのはその蜜月が終わったときなのです。罪悪感を抱くぐらいなら、作らなきゃいいし買わなきゃいいのです。それでも作りたいし買いたいのなら、たぶんそれ自体が目的でもあるのです。無理に理由をこじつけて、お別れのときを伸ばさなくてもいいのです。

なんてね、いろんな意味で自分を納得させています。めんどくさがりで自己嫌悪ばかりの人生です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無自覚を知る

リハビリであちこち揉んでもらったら、バッチリ揉み返しがきました。肘だけじゃなく、腕も背中もバリッバリで姿勢も悪くなっていました。

確かに最近なんだか座っているのも辛かったのです。でも、疲れているのだと知らんぷりしていました。たまにはプロに診てもらうのもいいものです。


そういえば、先日バイトで一緒にレジに入った若い子に励ましのお手紙をもらいました。確かにワタシのネームプレートに挟んであったのでワタシ宛てだとは思うのだけど、身に覚えがなくて人違いかしらと思ったのです。でも、もしかしたら無自覚だっただけで不調が漏れ出ていたのかもしれません。彼は医大を目指しているらしいので、その気遣いともにお医者さんの素質がありそうです。ご心配いただいたけれど、そんなほっこりお手紙をいただいたり、お客さまのあかちゃんの反射的な笑顔に癒されたり、あいかわらずすッとぼけた会話をしたり、その日は確かにワタシ自身ぼんやりしていた気もするけれど全体的によい1日でした。ありがとう。


さて、寒いけど姿勢を正して、心も身体もほぐしてゆきましょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

半期に1度の

週に1度の平日休み。販売員はお休みだけど、主婦業は休めません。むしろ、他に用事がない日こそ、普段はできないことをまとめてやっつけてしまいたい。そんな心理から、休みであって休みでない感覚すらあります。主婦の哀しい性ですね。


新年が明けて、先週くらいからようやく自分自身にもスイッチが入りました。おかげで処分するものが溜まってしまっています。ゲームソフトや電子機器ならば初期化するとか、ぬいぐるみは感謝を込めて送り出す支度をするとか、売るものは売りに出す準備、あげるものも差し上げる準備など何かとエネルギーが必要になります。だから発作のように「捨ててやるー!」とゴミ袋に突っ込んでしまうのです。先日も、そのままだと粗大ゴミになるサイズのプラスチックの隙間収納を、慣れた手つきで解体してゴミ袋に突っ込みました。まだまだ作業は停滞していますが、その前にちょっと逃避しまして、半年分の家計簿の集計をしてみることにしました。


家計簿はなんやかやでしばらくつけていますが、ワタシは計算が苦手です。手元のお金と照らし合わせて1円単位まで正確に記録するとか、性格的に無理です。だから、ワタシの家計簿は、マンスリー手帳に書くだけです。とはいえ、費目を色で書き分けるやり方にしてから、書くのも計算するのもグッと楽になり、とりあえず紙上で集計をするようになりました。そして今回、初めて半年分の集計をしてみました。収支はトントン。反省点も見えてきました。


家計簿はつけるだけじゃダメだと理屈ではわかっているけれど、記録することや計算することが苦手な人にとってはけっこうハードルが高いです。袋分けやクリアファイルなどもやり方もありますが、週末まとめ買い派でネットショッピングも活用している身としてはなかなか難しいです。ワタシもいちおう予算分けはしていますが、チチやムスコがドサっとまとめてレシートを寄越してきたりするので、キッチリやるのは難しい。なので、紙上ですが集計し問題点を見つけ出せたのは、ワタシにしては快挙です。春からはムスメも中学に進学して予算も変わってくるので、ざっくりと予算も立て直しました。これでまたしばらくやってみます。

外に出て働いてみたり、子どもたちにやいのやいの言っていて、暮らしというのは日々の積み重ねなんだなぁと実感します。ガラリと変わることはなくとも、少しずつ改善したり成長してゆくことはできる。でも、やらないことはできるようにはならないのです。

さて、次こそは不要品の始末をつけなくちゃ。
今年は身体とともに暮らしもメンテナンスしてゆきたいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

明日の自分のために

わが家は普段、作り置きをしません。平日は仕事をしているし、休日はなんやかやで忙しい。そして夜はチチが台所を占拠していますから、ワタシが台所に立つのは朝の数十分のお弁当を作る時間と、夕方の夕飯を作る時間だけ。後片づけは子どもたちと交代でやっています。

でも、昨日は張り切って2食分作りました。なぜなら、今日は仕事帰りに整形外科のリハビリにゆくから。1度家に帰る時間はあるけれど、足が痛くてリハビリにゆくのに足を酷使することに不条理を感じ、ゆっくり時間潰しをすることに決めました。たまにはね、ゆっくりお茶ぐらいしたいよね。


ごはんを作るときは、テレビで見たスーパー家政婦さんみたいに使う食材を全部並べて見える化します。昨日は2食分だったから作業台が埋まりました。食べ盛りでお弁当もあるので、食材の量も多めかと思います。
最初はまな板を置くスペースもなかったので、じゃがいもの下茹でから。じゃがいもなんかは包丁で皮を剥き、手の中でカットして鍋に直接入れてしまいます。他にも、ゴボウのささがきといったまな板要らずの作業から入ると、作業スペースが狭くてもなんとかなります。そうやってどんどんさばいてゆき、片づけながら次の作業次の作業と繰り返し、なんとか2時間ほどで主菜2品、副菜2品、汁物1品とごはんを炊きました。鍋やボウルやざるも最小限しかないので、洗いながら使い回します。大根サラダ用に刻んだ大根を、翌日の汁物用に取り置きました。豆苗は、半分を大根サラダに、もう半分をマカロニサラダに入れました。


そんな感じで、たまに作り置きをすると運動会みたいになるので、あまり普段は作り置きをしません。わが家は突然のいただきものも多いし、子どもの都合で夕飯を一緒に食べられないことも多いです。お弁当も週6日あるので、お弁当のおかずに回せるかどうかも常に考えています。そして、食材もおかずも、ほぼ余ることはありません。残ったカレーでとか、残ったおでんとか、せいぜい1人分なので翌日のお昼には食べきります。ごはんが余ればおにぎりにするし、余って困るなんてことはないのです。

は!なんてこった!
食べる前に写真撮っとこうと思ったのに忘れた!笑



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自宅床屋さんセット

いつのころからか、家族の髪は毎回ワタシがカットしています。ムスメのおかっぱから、チチのソフトモヒカン、思春期のムスコの髪型が1番難しく、今回も意図せず韓流スターのようになりました。

使う道具はバリカンとハサミ、それから鏡。あとは、プラスチックのカチューシャと髪をブロッキングするヘアクリップがあると便利です。櫛はムスメのものを借ります。

いつもはお風呂場でカットしますが、さすがに寒いので今回はエアコンの効いた部屋でカットすることにしました。ウッドカーペットの上に新聞紙を敷いて、その上に折り畳み式の脚立を椅子として置きます。そこにおパンツ一丁のお客さまがやってきます。本日のご予約はお2人です。1人目のムスコはバリカンで襟足や耳周りをカットしてから、サイドと後ろをグラデーションにしてトップと前髪を長めに残しました。いつもなら無駄に時間がかかってイライラしていましたが、今回は早かったのでお互いに気持ちよく終わりました。2人目のチチは手慣れたもの。バリカンの刃の長さを調整しながらバリバリ刈ってゆきます。最後は襟足や生え際の刈り損ねた産毛や、長い毛をハサミでカットして終了。やっぱり狭くて寒いお風呂場よりも、暖かい部屋のほうが早く終わるしお互いに平和です。ただ難点は、お風呂場なら道具以外の片づけはお客さまにお願いしますが、部屋の場合はワタシが全部片づけなければなりません。今回は、そろそろ買い替えようと思っていたフットカバーを1足ダメにしました。


そんなわが家の必需品、自宅床屋さんセットは洗面台の下の収納にあります。先ほどまで壊れかけのドライヤーも一緒に入っていましたが、ムスメに頼まれて買い替えたところ寝癖大王のムスコが「温かい!」とまるで初めて体験したかのように大喜びしていたため、新しいドライヤーは使いやすいようにタオル掛けにかけておくことにしました。ゼヒ、毎朝のとんでもない頭を直していただきたいものです。

先日、掃除したくない一心で洗面台と洗濯機の間の引き出しを撤去しました。その引き出しに入っていたタオル類と一緒に、自宅床屋さんセットも洗面台の下に移動しました。なんだかちょっとギュウギュウになりましたが、なんとか収まって満足です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動線をまとめる

ムスコの部屋(仮)がとっちらかるので、ちょっと思いついて模様替えをしてみました。

ムスコの部屋(仮)には、すのこベッドと小さなウッドラックとテーブルがあるのみ。あとは、作りつけのクローゼットがあります。クローゼットの半分には、チチのアウター類や夫婦のスーツの類、あとは普段は使わない大きめのものや処分待ちの不要品が仮置きされています。そして、もう半分にムスコの衣類と扇風機が入っています。スペース的に、ムスコの衣類は入って手前側に、他のものは奥に入れてあります。
そして、四畳半の部屋の奥にすのこベッドを置いたのですが、ムスコは基本ベッドの上にいるため、自分でテーブルを枕元に置いていました。ところが冬休みに入り、学校に置いてあった荷物が戻ってきて、なんとかそれを収めたものの、新学期が始まってまたとっちらかり始める。なんでだろう、けっこう几帳面な子なのになんでとっちらかるんだろう。必要なもの以外のものもそんなに持ってないのに。

なので、枕元にウッドラックを移動してみました。これで、ベッドとテーブルとウッドラックがまとまりました。衣類もテーブルから近い場所にあります。クローゼットの奥側が少しばかり使いづらくなりますが、今までもテーブルがあったので薄いラックくらいならさほど変わりません。でも、ちょっとだけチチに不便をかけてしまうので、早くクローゼットの中の不要品を片づけてゆこうと思います。

まぁ、たぶんまたとっちらかるんだろうけど。


たくさんのものを持たないムスコですが、ウッドラックが入口正面に鎮座ましましているとやっぱりごちゃつき感が堪らないので、ウッドラックの中の使わないおもちゃなどをクローゼットにしまうことにしました。もう中学生なのでゲームぐらいしかやりませんが、やっぱり思い入れのあるものはとっておきたいようです。

今はサッカーとゲームとドラマを見るが好きなムスコですが、電車や特撮ヒーローが好きだった時代もあったんですよ。幼稚園で早くも卒業しちゃったけど。あのころはかわいかったなぁ。今だってまだかわいいけどさ(親バカ)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

汚れるものは捨てちまえ!

この年末の大掃除で、イヤになって手をつけなかったところがあります。

それは、引き出しの中。

とくに食器棚にしているウッドラックに入れたプラスチックのケースは、コーヒーやらこぼしても誰も拭かないので酷い汚れっぷり。ワタシは掃除するのがイヤなので、お茶を入れるだけでも流しのほうでやるのですが、家族はこぼしたらこぼしっぱなし。

断捨離の本を読んでいて、ふと閃きました。
引き出しがなければ、掃除しなくていいじゃないか。

食器類もウッドラックに直に置いているので、コップやお茶類も直に置くことにしました。棚板は、コップを使ってるときに拭けばいい。ついでに、みんなが作業台にしてこぼしまくるウッドラックの天板も拭けば一石二鳥。流しやガス台は洗いもののついでに拭いているので、その流れで拭けばキレイになる。ついでに食器類の棚も拭いちゃえば、毎日ピカピカキッチンですよ奥さん。


同じ考え方で、洗濯機と洗面台の間の引き出しも撤去しました。だって汚いんだもん。今日もチチが粉末洗剤をこぼしていましたが、足元にあった足拭きマットでぺぺっと払っただけでした。ぶちのめすぞゴラァという気持ちをそっと胸にしまい、静かに凝視することで抗議しておきました。あとで、洗濯前のチチのバスタオルで拭いてやります。


チチも子らもいいかげんだけど、ワタシの突飛な断捨離に口出しせず順応してくれるのでありがたい限りです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村