手抜き暮らし研究所

ぼちぼち手も力も抜いて暮らしも負担も小さく

何を着ますか?

他のみなさまの秋服コーデの記事が増えてきた。目に楽しい限り。ワタシはといえば、秋服は夏の盛りに着倒して、そろそろ冬服の季節である。常に最小限とはいえ、買い足す服はなるべく少なくしたいのが本音。

ワタシが着たい服の条件は、
・洗濯機で洗濯ができるもの
・ノーアイロンで着られるもの
・違う組み合わせになってしまっても、大きな違和感がないもの
・動きやすいもの
・もちろん、自分に似合うもの
である。着回し最強コーデ!とかでなくても、洗濯のローテーションや気候に合わせたり、気分を変えたいときにも着回しができたらいいなと思うし、冒険する年齢でもないから、定番ができたら楽ちんでいいなぁと思っている。

読者の方の中には薄々気づいていらっしゃる方もいるんじゃないかと思うけど、ワタシは某大手アパレル量販店で働いているので、基本その店の服で過ごしている。上着や靴や小物は別の店のものでも大丈夫だけど、男性スタッフはベルトも自店にあるものを身につける規則らしい。


そんなわけで、仕事中も「なんかいいものないかなぁー」と物色しているのだけど、センスがいいわけでもなく、何を着ても可愛い歳でもなく、長年生きてきたから好き嫌いだけはある40代のおばちゃんである。だから、あれだけ商品があっても「コレだ!」というものは最低限あればいいほうで、可愛いけど似合わない、あの人が着るとステキだけど、ワタシのキャラじゃない、とか考えてしまって意外と買えない。
若いころから流行真っ只中に身を置いたことはなく、好きなテイストはあまり変わらない中でささやかに周囲の流行りに乗ったりしている感じだった。その好きなテイストも、さすがに歳を重ねるごとに少しずつ変わってはいるが、シンプルでカジュアルなものが好きなことは変わらず、その範囲で若いころはパンクな方向に向かってみたり、ママになってナチュラル路線に寄ってみたり、子どもに合わせてスポーティ方向に寄せてみたりをフラフラと繰り返している。最終的な目標は「パラスパレスのワンピースとかをステキに着こなす、ちょっとおしゃれなおばさまになりたい」と思っているのだけど、金額的にもライフスタイル的にもまだまだその域に到達する気配がない。


さて、40代のおばちゃんとなったワタシだけど、40代だからと妙に落ち着いたり諦めたりするような服装はしたくない。今どきの40代の奥さま方はみなさんおしゃれでステキだ。うちの店のお客さまは年齢層が高めなので、40代なんてまだまだお姉さん。大学生と張り合う気はないけど、老け込む環境でもない。なにしろ歩くマネキンの職場なので、周りのお姉さま方もいつもステキにしていらっしゃる。勝てる気はしないながらも、落ちこぼれてもいられない。勝てないながら生きながらえるには、自分のテイストを見極めるのがベストではないか? みなさんそれぞれ自分のテイストがあって、次々出る商品の中からそのテイストに則ってアイテムを見極めステキに着こなしていらっしゃるような気がする。

では、ワタシのテイストって何だ?

それがわからなくて右往左往してきたのだけど、ちょっと前にファッションテイスト診断というのを自分でやってみて、ニュアンスボーイというテイストを見つけた。骨格診断がしっくりこなかったワタシには、コレだ!と思える内容だった。残念ながら、骨格診断と違ってコーディネートの見本がほとんどないのだけど、キーワードの中から自分が好きなアイテムを試してみることにした。ボーイッシュって、おばさんがやったらおじさんにならないか?という迷いも少々感じながら。


明日着る予定のおじコーデは、おニューのケーブルセーターにアンクルパンツ。
おニューって死語だけど好きだわw



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

40代のファッション迷子

40年も生きてきて、未だにファッション迷子である。

ハハの母は23区内で生まれ育ち、父と結婚するまで都心のデパートに勤めたデパガであった。結婚を機に、ハハの父の転勤に伴い田舎に5年ほど暮らし、ハハが2歳になるころ転勤で東京の端っこに戻ってきた。もともと文化服装学院に行きたかったような人なので、今も服装にはうるさい。ちなみに、ハハの母の母は今で言うワーママだったのだが、子ども3人と病弱な夫がいるのに自分の洋服と美容院にお給料の半分が消えるようなひとだったらしい。おばあちゃんになってからも、実年齢より20歳は若く見られないと気が済まないと豪語していた。今も健在。その点、ハハの母はなんでも自分で作るタイプで、これはこれで反面教師だったのかもしれない。

そんな母と祖母を持つワタシは、中学生ぐらいからほとんど体型が変わらない。むしろ、通りすがりのニッカボッカの人に長与千種に似ていると呟かれた高校生のころより今のほうが痩せている。母も祖母も見た目にはずっと気をつけていたし、ワタシもそうであろうと思っている。よく食べるけどよく動き、走らないけどひたすら歩く。歩くのもママチャリを漕ぐのも、苦ではないどころか好きである。そんなわけで、あまり体型も変わらないワタシ。サイズが変わって洋服が着られないなんてことは、成長期が終わってからほとんどない。だからたぶん、10年前の服だって余裕で着られる。残っていれば、20年前の服だって着られる。でも、そういう服は淘汰した。ハハもババもそんな服を大量に持っていて、それでも新しい服を買ったり作ったりするから洋服が溢れているのを目の当たりにしているからだ。ついでに、チチも学生時代からほぼ体型が変わらないので、そりゃもう年季の入った服を大量に持っていた。高かったから、ほとんど着てないからと捨てられず、しまいこんで劣化して捨てるのを繰り返し、それでもワタシの服の倍以上をしまいこんでいる。もう何も言わないが、さすがに最近はしまいこんでいる服を少しずつ消費し始めている。捨てられないなら着倒せばいいことにようやく気づいたらしい。


変わらないつもりでも、人生80年なら折り返し地点。さすがに20代のころの服装はできないのは親になった時点で悟ったが、そろそろアラサーのカジュアル路線もいかがなものかと感じ始めた。いきなりゴージャスシックでもないけれど、Tシャツにジーンズが作業着に見えてこなくもない。ましてや、いちおう人前に出る仕事である。品出し部隊のころはほぼ力仕事と清掃なのだから、作業着でいいじゃないと開き直っていたけれど、歩くマネキンになれと言われたらそれなりにアラフォーのマネキンにならないといけないかなーという気にもなる。でも、残念ながらワタシはそれほどおしゃれではない。バカにされない程度にはしているつもりだけど、マネキンになれるほどではない。いつだってファッション迷子なのである。


お休みの日は、仕事ではもう着られないけど気に入っているトップスを着る。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プライム会員を継続する

ムスメの誕生日プレゼントにお急ぎ便を使いたいばかりに密林さんのお試し登録をして、そのまま忘れて会費が引き落とされ悔しい思いをしたのが約1年前。せっかくだからと、1年間家族でプライム会員を満喫していた。立ち回り先の店舗に置いていないお気に入りの日用品が、早く安く買える密林さんにはだいぶお世話になった。
せっかくだからと家族で共有したところ、チチや子どもたちはプライムビデオも満喫していた。ワタシはそもそもテレビや動画を長い時間見ることがほとんどないので、数えるほどしか見ていない。最近はKindleも読めるようになったし、家族協議の結果年間4000円程度なら継続してもいいかなということになった。家族4人で活用すれば、1人年間1000円。たぶん、元は取ってる。


無料のアプリもいろいろあるけれど、違法ギリギリだったり、サービス運営が立ち行かなくなったり、安心して使えるものは少ない。密林さんのサービスは多岐に渡っていて、映像が見たい家族や音楽が聴きたいワタシ、お得に楽ちんに必要なものを買いたいときにも使える。便利な世の中になったなぁ。

さて、チチが壊した充電ケーブルも買い替えなきゃ。なるべくお金を使わずに暮らしたいけど、やっぱり必要なものは必要なのだったらきちんと吟味して納得のいくものを買いたいなぁと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

模様替えの余韻

大きな模様替えのあとは、使いながらちまちまと改善してゆく作業が続く。やっぱりムスメのものが多いので、収納方法を変えてみたり、


細かい手芸材料をまとめてみた。

ムスメのものは管理状態も悪いので、空っぽのレジン液のベトベトな瓶が何本も出てきた。手芸材料を1箱にまとめたことで、はみ出していたハンカチやアクセサリーなどが引き出しに収まった。どうしても収納用品を増やしたくなかったから、考えた末に小分けできる大きめのケースを1個買ってバラバラの手芸材料をまとめ、細かいケースをたくさん処分した。


収納を変えると、なまはげみたいに「他にいらないものはねぇが〜」と探すのが最近の傾向である。そのおかげで一時的にゴミが増えるのが悩みなんだけど、倒れるだけのデカブツはチチが職場で処分してくれるそうだ。ついでに、社長の親戚のチビちゃんたちにレゴを嫁にもらってもらえるか聞いてくれるらしい。捨てるのももったいないと思ってたから嬉しい。あとは子ども服だな。年明けあたりにバザーがあるんじゃないかと踏んでキープしてるんだけど。


本日、またもやデカブツが届いた。ムスコのすのこベッドだ。床に直に布団を敷いているのが気になって、万年床になるならすのこベッドを買おうと考えていた。お値段はピンからキリまであるけれど、なんとなくコレだ!と思った天然木のものにした。最安値のものの倍ぐらいのお値段だけど、自分が扱いやすそうなことを優先した。せっかく布団を干したり掃除したりしやすいようにすのこベッドにするのに、扱うのが一苦労だったら嫌になってしまうのが目に見えてる。おまけに檜玉やいい匂いのカンナ屑がついてきて、ひととき癒された。カンナ屑はしばらくしたら捨てちゃうだろうけど、檜玉は足裏マッサージにでも使おう。


実は、模様替えの余韻はまた違うところにも現れた。まだ本格的に動き始めたわけじゃないけれど、じっくり研究してみるつもり。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個室化計画ひとまず完了

曇りのお休み。
もう引きこもってプチ断食しながら模様替えに勤しむしかないと決意する。


まず、ムスコのウッドラックをムスメ用に組み直し。カラーボックス用の引き出しと教科書類を入れられるようにする。ついでにムスコのものを一時的にムスコの部屋(仮)に移動したんだけど、引き出し大小1個ずつしかなかった。それだってたぶん、半分くらいはいらないものだと思う。ムスメの荷物はウッドラック2台になんとか収まった。

次は、大きなウッドラックを居間に移動。これが天井ギリギリだから運ぶのも一苦労。大掃除やら模様替えやらでしょっちゅうバラしてるから慣れたもんだけど、ふと「仕事休みなのに、なんでまた力仕事してんだろ」と思った。肘が痛いのに(以下略)
大きなウッドラックを窓際に設置するにあたり、テレビ台をズラす。配線があるからなかなか難しい。でも、配線もすべてわが家ではワタシの仕事。頭を悩ませるけど、どうってことない。このウッドラックは家族の本棚として使うつもりだから、本の高さに合わせて棚板を組み直す。トランプやカルタなどのみんなで遊ぶものもここに移動した。ずっと気になっていたチチの着替えボックスを一番下に設置して、ボックスも大きくなり中身も目立たなくなり満足する。

最後にムスコの部屋(仮)に居間で使っていた小さなウッドラックを移動し、ムスコの教科書やらを入れる。やっぱりムスコのものは小さなウッドラックにほぼ収まった。ついでにクローゼットの中も掃除して、バラしてあった倒れるデカブツを組み立ててベランダに移動。粗大ゴミの手配もしなきゃならないし、大きなゴミ袋も見繕ってこなければ。


テーブルの上は本人の責任なので手つかず。


今回、ムスコの持ちものをウッドラックと衣装ケースに収めたことにより、また大量の収納用品が放出される。ムスメの小学校のプール道具とか、棚板がないのにネジが残っていたり、もういらないはずなのに気づかずに置いてあるものがまだまだあった。ワタシの本は、今月の基礎英語のテキストと図書館で借りた本しかない。やっぱり、チチのものとムスメのものが圧倒的に多いのだ。それなのに、なんとなくワタシやムスコのものばかり買っているように感じるのは何故だろう。チチにも「いいな〜オレも欲しい」と言われた。いっぱいあるのにね。


あとは、押入れがなくて万年床になりがちなムスコのためにすのこベッドを注文した。狭い部屋だから、掃除のときとかに折りたたみやすそうなものにした。暖房器具も考えなきゃな〜。寒くなってからでいいか。

心配していた僻み屋のムスメは、大きなウッドラックとムスコの荷物がなくなった寝室を見て「ワタシの部屋だ〜」とご満悦だった。寝るときは3人部屋だし、ほぼフルオープンで個室っぽくはないけどね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個室化計画

中学生のムスコに仮の部屋を与えてから、もうすぐ1年になる。その間、「仮なんだからね!」ということでムスコの洋服や荷物は寝室に置いてあったのだけど、さすがに来年は受験生だし個室化してゆくことにした。絶対にムスメが拗ねるけど、ムスコは持ちものもすくないし、1人だけ夜型だし、家庭内平和のためにもムスコに個室を与えるのが今は最善かと。ほら、遠くの高校にサッカー推薦とかで入れてもらえるかもしれないし、そうなったらムスコの部屋をムスメの個室にすればいいし、臨機応変にやろうよとかママと洋服を共用できるよとか説得してみよう。


さて、そのためにはまず、ムスコの部屋(仮)のクローゼットにあるワタシの服を移動しなくてはならない。ケースごと入れ替えようとしたら奥行が違って惜しくも入らなかった。ムスコの引き出しは3段でワタシの引き出しは2段なので追加しなくちゃならなくなった。ついでに、分解してクローゼットにしまいこんでいた倒れるだけで腹筋するマシーンは、この機会に処分する許可を得た。嬉しい。
ワタシのスカスカの引き出しの奥には、とりあえずムスメの中学の体育館履きを保管。


無印週間ギリギリ滑り込みセーフ!


この計画はそれだけに留まらない。
次は、ムスコが寝室で使っていたウッドラックをムスメ仕様にする。ムスメは持ちものが多くていつも溢れかえっているので、ムスメのスペースをウッドラック2台に増設する。
そして、ムスメのものとムスコのものが8:2くらいの割合で入っていた大きなウッドラックを居間に移動して家族用の本棚にする。家族が集まる居間に大型家具が入るのは嫌だけど、家族が集まる場所だからこそものが置けるようにしたほうが散らからないような気がする。とはいえ、背の高いウッドラックの上のほうは棚板を別のところで使っているので、ものを置くのは下半分だけ。テレビの位置がズレるから慣れるまでブーイングがありそうだけど、文句があるなら食事どきのテレビを禁止してやるわ。ふはははは!
そして、居間で使っていた小さなウッドラックをムスコのへや(仮)に持っていってムスコのスペースを整える計画。あと、ムスコ部屋(仮)がものすごく寒いので、防寒対策も考えなくちゃならない。ちなみに去年は試験勉強のときだけ使っていたので、その間はダンボールを敷いていた。


わが家は4人家族で2DK。子どもが小さいうちはじゅうぶんだったけど、さすがに子どもたちも大きくなってきて、6畳で4人で寝るのは難しくなった。ムスコだけに個室を与えるのは想定していなかったけど、子どもたちの性格を鑑みたら今はムスコに個室を与えてもいいかなと思う。同じように育てているつもりでもやっぱりそれぞれ個性があって、例えばワタシは個室のドアを開けておくタイプだったけど、弟は絶対に閉めたいタイプだった。ムスコは狭いところに巣を作り、ムスメは部屋の真ん中に店を広げる。ムスメに個室なんて与えたら、あっという間に足の踏み場もなくなるだろう。そのときの状況に合わせて模様替えをしていけば、広い家に引っ越さなくてもやっていけるような気がする。


さて、じわじわと計画を進めよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

週末ハイキング

チチが突然、「子どもたちの試合もないし、高尾山でも行こうか」と言うのでお付き合いすることにした。

ワタシは気が向けば平日に1人でも登ってこれるので、わざわざ休みの日に行く必要はないのだけど、チチが山に行くなんて言い出すことは滅多にない。なので、登りは観光ルート、下りはワタシも未体験の登山ルートで行ってみたところ、休日午前中の6号路とか登りの人が多くてなかなか下れない。

滝は見た。今度は平日に1人で来よう。

蕎麦が食べたいというチチと年季の入ったお店に入ってみたらこんなメニュー。

ツボにハマっちゃって、オーダーのときも何度も間違ってしまった。

でも、気持ちよかった〜。


そのころムスメは、ご近所のおばあちゃんたちに誘われて自治会の運動会に混ぜてもらい、全種目に参加して景品をもりもりいただいてきた。キッチンペーパーと台所用洗剤とお菓子いっぱい。実用的で素晴らしい。

そして、自分でも何で高尾山に行くとか言いだしたのかわからないくらいアウトドア派じゃないチチは、山を下ってる途中で「オレはもう高尾山は卒業する」と宣言していた。ワタシはもう1回くらい登るよ。今度は1人で。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村